幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記26

   

 ママという存在に気付き始めるウサ子。

 SFラヴコメディー!

 

 翌朝、ウサ子と実家に帰る用意を始めた。数日分の着替えと、簡単な日用品。それから、道中のお弁当とお菓子を用意した。
 ウサ子は遠足みたいに喜んでいたが、またどこかで覚えたピクニックという言葉を連呼していた。ピクニックとはちょっと違うが、じいさん&ばあさんの家に行くのは、子供からしたらちょっとした旅行だろう。
「ウサ子、これからじいちゃんとばあちゃんに会いに行くぞ」
 ウサ子は、首を傾げた。
「じいさあ、ばあさあ?」
「うーん、パパのママとパパの事だよ」
「パパのパパ?」
「そう」
「ママ?」
 あ、っと思った。せめてじいさんだけにしとけば良かった。ウサ子には、ママがいない。どうしよ。
「ウサのママは?」
 困った。
「ママは……探してるから待ってね」
「ウサもさがす」
「ウサ子も一緒に探してくれるの?」
 ウサ子は俺に飛びつき、うんと返事した。
 マジで、これはなんとかしないといけないよな。
 ウサ子以前に、俺が泣きたくなる話なんだけど。
 ここから実家までは、モノレールで約1時間半くらい。ただ、実家のある場所は人間のために開発された都市住宅街だから、雰囲気も環境も古代風にいうと田舎ってやつらしい。ガーデニングで野菜や果物を栽培している人も多く、半分自給自足状態で作ることや食べることを楽しみながらのんびり暮らしている人も多い。
 うちの両親も例外ではなく、母さんなんかは時々ハガキで一緒に暮らさないかと誘ってくる。にしても、今時ハガキなのは何故なんだろうか。
 初めてのモノレールに、ウサ子は大興奮だった。それほど混んでもなかったので、ウサ子の靴を脱がせてイスに上がらせ、窓の外を見させていた。海や街の上を走る情景が、空を飛んでるように見えるらしい。目を輝かせながら、窓の外から目を離さない。
「パパあ、とりさんみたいやねー!」
「とりさん?」
「ウサ、とりさんー! お空びゅーん、びゅーん!」
「楽しいんだ」
「うん、たのしーねー。とりさんより、はやーねー」
 俺は鞄から、ウサ子のお菓子を出した。
「ウサ子、お菓子食べるか?」
「いい! ウサ、とりさん」
「とりさん、お菓子は?」
「おかしー」
 お菓子の箱を開けて、中から一つ取り出すと、それを見たウサ子はお菓子を欲しそうに見つめた。俺はそれをウサ子の前にチラつかせた。
「とりさん、とりさん。お菓子がやってきましたよ」
「びゅーん!」
 ウサ子は、ぱくりとお菓子にかぶりついた。
「ちゃんと座って食べて。まだまだ、長いよ」
「うん」
 お菓子を食べては外を見つめるウサ子。初めての旅行に、どきどきわくわくして楽しくて仕方ないみたいだ。
 行きのモノレール移動は、なんとか飽きずにいてくれたみたい。
 到着すると、駄々はこねなかったが少しだけ名残惜しそうな表情をしただけで大人しくついてきてくれた。
 駅から徒歩10分くらいで、実家に到着した。相変わらず、ボロすぎず綺麗すぎない当たり障りのない外観だ。強いて言えば、昔のマンガに出てきそうな家。
「あら、霞ちゃんじゃないの。珍しいねえ」
 振り向くと、隣のおばちゃんだった。おばちゃんも、もちろん人間だ。懐かしくて、嬉しくなる。
 おばちゃんは手に持っていたみかんを、俺に渡してきた。
「これねえ、うちで採れたのよ。お裾分けしようと思ってたから、あげるわね」
「お久しぶりですね。元気してました?」
「おばちゃん、いつも元気よ。にしても、霞ちゃんは大丈夫? ロボットばっかの都会にいるって聞いたから。大丈夫なの? ちゃんと食べてる? 病気や怪我してない? なんか事件とか巻き込まれてない?」
 なんかの事件には十分巻き込まれているけど……。
「大丈夫、元気だよ。元気じゃなかったら、これないっしょ」
「それもそうねえ」
 おばちゃんは、笑った。
「それより、その可愛い子は?」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,

生克五霊獣-改-4

   2017/12/15

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13