幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記27

   

 帰省したことで、霞の中で気持ちに対する決意が出来る。

 SFラヴコメディー!

 

 母さんは、いつも俺の嫁さんの心配をする。この年になったら、当たり前かなと諦めてはいるけど、相変わらず胸は痛い。
「元々モテないし、半分諦めてはいるよ。それに、子持ちでも良いって言ってくれる人が今はいいかな」
「いいんじゃなくて、そうじゃなきゃだめでしょうが。あんたはもう」
「でも、なかなかいないでしょ。子持ちでもいいなんて人」
 母さんは、呆れた顔をしていた。
「まあいいわ。どんな形にしろ、孫の顔は見れたんだから。早くお嫁さん貰って、母さんを安心させてちょうだいな」
 母さんに言われなくとも、そうしたい気持ちはやまやまなんだけどね。
「で、今日はどうしたの? あんた、ずっとロクに連絡もしてこないし。ここんとこ顔を見せる気配もなかったのに」
「あ、うん。ウサ子のこと、黙っておくのもなあと思ってっさ。どんな形であれ、孫が出来たことに代わりはないんだし」
 と、ここまで言ったところで、玄関から声がした。
「ただいま」
 父さんだ。
「おかえり。霞が帰ってきてるわよ」
「おー、珍しいな」
 相変わらず、テンションのわからない声で返事をする父さん。
「ねえ、お父さん聞いてよ。霞ったら、孫なんか連れてきて」
「え!」
 初めて、テンションのわかる父さんの声を聞いた気がする。
「孫?」
 母さんが、父さんに大体の事情を説明した。父さんはどう反応してよいかわからないようで、無言のまま困惑した表情を浮かべ、居間で腰を下ろした。
「おいちゃんは?」
 ウサ子が、首を傾げながら父さんの顔をのぞき込む。
「パパのパパだよ。ウサ子のじいじだね」
「じいじ」
 父さんが、むせた。
「お父さん、動揺しちゃってるじゃない」
 クレームのような言い方で、母さんは俺に言う。
 そんなこと言われても。
 で、暫く妙な空気が流れた。
 口火を切ったのは、父さんだった。
「で、お嫁さんはまだなのか」
「う、うん」
「そうか。早く、見つかるといいね。この子の為にも」
「そうだね」
「霞、今日は泊まっていくんだろ?」
「あ、うん」
「いつ帰るんだ」
「決まってないんだけど、暫くいいかな」
 父さんは、にっこりした。懐かしい笑顔だった。
「親になるというのは、大変なことだろう。帰りたくなるまで、居たらいいさ」
 俺の胸が熱くなった。こんなに、ありがたいなんて思えたことあったかな。反面、恥ずかしくって顔を俯かせた。
 ウサ子と出会ってから、ロクな事がなかったのは事実だけども、ウサ子いたから頑張れたし楽しかったのも事実だ。けど、どっかで無理してたのかな。ただ、恥ずかしいだけで俯いていた目から、ぽろりと滴が落ちた。
「もう、この子ったら。父親にもなって」
 母さんの手が、俺の頭を撫でる。照れくさくて、懐かしくて、温かくて。安心した。
「母さん、ウサ子の事、頼むよ」
「もう、あんたが父親なんだから、母さんは手助けしか出来ないわよ」
 俺は、首を縦に振った。
「にしても、母さん女の子欲しかったから本当に嬉しいわ。あんたが女の子だったらしたかった事、いっぱいあったのよ。可愛いお洋服着せたり、ドレス作ってあげたり、お人形も作ってあげたいわね。それから、一緒におやつも作りたいわ」
 母さんが、いつになくウキウキして見える。
「母さん、楽しそうだね」
 一応、親孝行出来たのかな。
「母さん、お前が産まれるとき女の子の名前しか考えてなくてね。で、結局その時決めてた名前をお前に付けたんだよ」
 父さんが、苦笑い気味に教えてくれた。
「やっぱり、俺の名前。女の名前だったんだ」
 俺も、少し呆れた。
「でも、ああは言ってるけど。母さん、お前のこと本当に溺愛してたんだよ。そこは、わかってやって欲しいな」
「うん、俺もわかってるよ」
 だからこそ、疲れた俺が母さんに会いたいって思ったんだと思うし。
 ウサ子は、すっかり母さんに懐いた。母さんに抱かれながら、きゃっきゃと笑っている。
「じゃあ、ウサ子ちゃん連れて買い物でも行こうかな」
「ウサ、かいもの、いくー! ばあばと」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品

オクターヴ上げて奏でる<1> ポロネーズ

   2017/12/11

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】21

   2017/12/11

私たちの結婚

   2017/12/08

生克五霊獣-改-2

   2017/12/08

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】20

   2017/12/07