幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記29

   

「俺の勝手な考えなんですけど。心って、人間もロボットも平等にあるものだって思うんですよ」

SFラヴコメディー

 

 満嗣さんのリクエスト、シーフードカレーを作った。
 メインの具材となるシーフードは、冷凍の安物なんか使わず、生のものを用意した。エビも殻を剥いて背腸を抜いたし、イカも綺麗にした処理して、貝も一度軽く茹でてから、殻を取り除いた。
 食べやすい美味しい、自信のカレーだ。ただ、ウサ子の為に味は甘口にした。もし満嗣さんが辛いのが好きだったらがっかりするだろうから、別に調節用のスパイスを用意した。
 他にサラダとスープも作ったし、デザートにババロアも作った。
 ウサ子は、味見を兼ねて小さなババロアを先に食べた。美味しいと甲高い声を上げたので、きっと満嗣さんもよろこんでくれるはずだと思う。
 夕方になって、満嗣さんが来てくれた。ドアのチャイムが鳴って玄関を開けて。その時の俺の顔が、満嗣さん曰く面白かったらしい。
「なんて、間抜けな顔して出てくんのよ」
「あ、え。あ、郵便かと思って」
 正直なところ、こんなに早く来てくれると思ってなかったので、拍子抜けだった。
「今日、食事に来るって言ったじゃない。遅くなったら、迷惑だと思ってね」
「ありがとうございます」
 俺は、満嗣さんに中へ上がってもらった。
 食事の支度は出来てはいるが、正直夕飯にはまだ早いような気がする。
 満嗣さんに目配せすると、彼女は両手を天井に向けて伸びをしていた。ちょっとだけ、砕けた顔が見えた。
「あーん、疲れた。ここんとこ、ずっと缶詰状態だったから」
「え?」
「あ、お風呂は入ってるわよ。シャワーだけど、署にあるもの」
「いえ、そうではなくて。そんなに働きづめだったんですか?」
「そんなに、働きづめだったんですよ」
 満嗣さんは、小さなソファーにどかりと腰を下ろした。
「早めに来たものの……夕飯には、まだ早いわよね。お茶淹れてくれる?」
「ダージリンとカモミールとありますが……あ、あとコーヒーもありますけど、どれにします?」
「そうね、カモミールにしようかしら」
 俺は、ポットにカモミールのハーブティーの葉とお湯を注いだ。カモミールの優しい香りが、狭い空間に広がる。
 ふと気付いた。心臓が、少なからずドキドキと言っている。この時間も、きっと直ぐに終わってしまう。食事が済んで、お別れを言って、気持ちを伝えて……そしたら、本当のお別れが……。
「ねえ、どうしたの?」
 はっとした。満嗣さんの声がした。
「あ、じっくり蒸らした方が美味しいんですよ」
「そうなんだ。にしても、あんた偉いわよねえ。私なんてさ、ティーパックのお茶しか淹れないもの」
「お忙しいですから、良いと思いますよ」
「うちにも、おしゃれなティーカップセットがあるのよ。結局、1回しか使ってないかも。なんか、洗うのも面倒でね」
「へえ、お茶お好きなんですね」
「うん、好き」
 ドキっとした。なんだろう。
「あ、顔赤いよ」
「緊張して」
「そう」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品

生克五霊獣-改-4

   2017/12/15

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13