幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記32

   

 ああ、神様は、なんて残酷で意地悪なんだ。
 そう思うと、何に祈ったらいいのかがわからない。

 SFラヴコメディー

 

 考えてもみたら、ディナーの時にシャンパンを飲んでいた。
 酔いが回ったせいで少しぼんやりしながら、会計を済ませて外に出た。
 俺が飲んだのは、モスコミュール1杯。満嗣さんは、ジントニックとムーンライトを飲んでいた。俺に遠慮したのか、その2杯だけだ。
「俺に気を遣わなくてもよかったんですよ。もっと、飲んで貰っても」
「そういうつもりじゃないわよ。どんなに飲んでも酔わないもの、楽しめたらそれでいいの」
 たわいもない雑談をして、気付けば日が変わりそうだった。
 俺は、途中まででも彼女を送ろうと一緒に歩きだした。満嗣さんは部下に送って貰ったらしい。帰りはタクシーだと言っていた。タクシーが拾える場所まで、歩くことにした。
 外の空気は、少しひんやり感じた。人工なんだろうけど、都会で不自然に光る星は相変わらずだった。
 タクシーを拾うために歩いた路地を抜けて、再び路地に入ると小さな公園があって、その先を抜けると大通りに出る。大通りは眠らない都会を象徴するかのように、ネオンと人と自動車が昼間と変わらず行き交っている。
 夜を意識させるのは、あの公園を過ぎた路地くらいまでだろう。
 まだ勇気を出せない俺は、公園でふと足を止めた。
「あの、最後にコーヒーでも飲みませんか? 俺買ってくるんで、公園ででも」
 満嗣さんは頷くと、無言のまま公園に足を向けた。
 俺が急いで自販機で缶コーヒーを買って戻ると、すっかり寂しくなった公園のベンチに座る満嗣さんが居た。
 俺が缶コーヒーを差し出すと、彼女はそれを受け取ってくれた。
 満嗣さんが礼を言ってくれる前に、俺は告げた。
「好きです」
 と。他に色々考えたけど、シンプルにその4文字しか言えなかった。
 満嗣さんは、無言で立ち上がって俺を見た。
「あんたは、私の何を好きになったの? 見た目? スタイル? それとも、役職?」
 俺はシンプルに答えた。というか、唇がガクガク震えて、細かい事が言えなかった。
「満嗣さんという人が好きです」
 彼女は、このまま俺の前から居なくなるだろう。背中を見送るのも辛いが、満嗣さんの顔がどうしても見れなかった。彼女のヒールの足音が、近付く。頬に、そっと手が添えられたので俺は歯を食いしばった。
 けれど、その次の感覚は頬に受ける痛みでも耳に響く怒声でもなく、唇に触れた柔らかい感触と甘い声だった。
「霞にも、ちゃんと彼女出来たじゃない」
 全身が燃えるように熱くなり、頭がくらくらする。気付いたら、俺はその場にへたり込んでいた。直ぐに立とうとしたけど、全身の力が抜けて、動けなかった。
「どうしたの?」
「こ、腰が抜けて……」
「やだ」
 まさか、こんな展開になるなんて思ってなかったせーだ。
 ずるい。
 けど、幸せなずるさ。
 俺、満嗣さんのファンに知られたら殺されるだろうな。まあ、いいか。それなら。
「なんで?」
 信じられなくて、俺はつい質問してしまった。
「撤回しようか?」
「いえ、このままで! お願いします」
 満嗣さんが、いつもの笑みを浮かべた直後だった。
 なんと表現していいのか。
 強制的に電源が切られたように、一瞬にして彼女の身体が地面に崩れた。
 俺は全身から血の気の引く音を聞いたように思った。
 急いで彼女の身体を起こすと、彼女はまるで人形のようだった。息も音もないのだ。ただ、ピンクの目だけが無機質に真っ黒な空を見据えていた。
 俺は震える手で携帯を取り出し、何度か落としながら救急車を呼んだ。
 満嗣さんは、人間で言う死亡の状態だった。
 ただ、満嗣さんは人間ではないので、急遽応急処置と修復作業に取りかかるという。
 ロボット病院で、俺はそれを待つことにした。病院に着いてから、篠山さんに連絡を入れた。暫く、帰れそうにないのでウサ子をお願いします、と。
 ああ、神様は、なんて残酷で意地悪なんだ。
 そう思うと、何に祈ったらいいのかがわからない。
 
 

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品