幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記33

   

もし、本当に将来の伴侶として選ぶことが出来るなら、人間がいいよ。

SFラヴコメディー

 

 永遠とも思える時間が流れたが、不安な気持ちのお陰で全く眠くはならなかった。
 夕方ボディが届いたようで、脳が回収されると同時に俺も部屋から出るように言われた。
 1時間くらい待合室で待たされた後、病室に案内された。
「今日はもう遅いので、もう目は覚めないと思いますよ。泊まるんでしたら、毛布も貸し出しますけど、そこのソファしか場所はないです。朝になったら、自動的に目は覚めますが、問題なく作業は完了しましたので心配する事はなにもありませんので」
「構いません。目が覚めるまでは一緒にいたいので、ソファで構いませんので毛布だけお願いします」
「では、後程お持ちします。あと、食堂は19時までですので」
「ありがとうございます」
 そういえば、あれから何も食べていない。
 あのナースの冷たいような物言いも、きっと心配がない証拠なんだろう。それでも、俺は何かを食べる気分にはなれなかった。
 満嗣さんを覗くと、小さく息をしているのがわかった。それだけでも、俺の不安は半分くらい楽になったと思う。
 ボディが新しい証拠だろう、不自然な艶が見える。髪も皮膚も蝋人形みたいに艶やかで、少しばかり表情が違う気もした。それでも、俺の好きな満嗣さんには変わりない。
 さっきとは別のナースが毛布とは別に、折り畳みの椅子を持ってきてくれた。礼を言うと、先程のナースと違って気さくな人だった。
「貴方、人間なんですよね? 先輩がそう言っていたので」
「あ、はい」
「私の父も、人間だったんですよ。心配ですよね。大丈夫って言われても自分が人間だから信用できないって、よく父の口癖でした」
「そう、なんですか。でも、本当にそうなんですよね。お恥ずかしい」
「そんなことないですよ。それは、人間だからこその深い愛情の証拠なんですから。ロボットって、相手の状況が分かるじゃないですか。だから、よほどの事がないと心配しない。私のオイルの温度がが少し上がりすぎたときも、父は真剣に心配してくれたけど、母は余裕でした。いつもそう。でも、そんな父のようになりたくて、ナースの道を選んだんです。柏木さん、幸せですよね。人間の恋人じゃなかったら、こんなに心配してもらえないもの。羨ましい」
「俺には、もったいない人だと思ってるんで。これくらいしか、出来ないので」
「うん。でも、本当に心配ないので。少し眠った方がいいですよ。人間の貴方の方が、まいっちゃいますから」
「ありがとうございます」
「そういえば、売店に軽食と栄養ドリンク売ってますよ」
「重ね重ね、ありがとうございます」
 ナースが病室を出てから、俺は教えて貰った通り売店に行ってみた。
 栄養補助食品と記載された焼き菓子と、栄養ドリンクの瓶とミネラルウォーターを買った。
 先程のナースの忠告通り、少しくらいは自分の身体を労らなければよろしくない気がしたから。
 再び病室に戻ると、満嗣さんのベッドの横で焼き菓子を食べ、栄養ドリンクを飲んだ。
 あとは、手を洗ってから彼女の手を握っていた。
 
 

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品