幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

聖杯~生き血のワイン 後編

   

テンプル騎士団が火あぶりにされてから250年以上後の日本が舞台です。
その頃の日本は信長が本能寺の変で敗れて2年後の世界、裏切り者の明智光秀の娘、細川ガラシャがテンプル騎士団が手に入れたとされているキリストの聖杯を手にします。
手にしたガラシャが望んだのは、父の仇、それとも真実の追及か…
こちらはミステリ要素が強めです。

 

 
 テンプル騎士団の上位がシテ島で生きたまま火あぶりにされてから250年以上経ったある時、宣教師の手からとある物を渡された細川ガラシャ(明智珠)は、幽閉されていた屋敷の一角にある祭壇の前で、マリア像に祈っていた。
 二年前の六月、父である明智光秀の謀反により、夫と引き離され幽閉の身へと転落しても、誰かを恨むことなく、ただひたすらイエスに祈りを、マリアに祈りを捧げ、気持ちを穏やかに持ち続けていた。
 その日、その物を受け取るまでは――

 時は1584年。
 天下まであともう少しだった織田信長が本能寺で明智光秀の謀反により殺されてから二年が経っていた。
 殺されたとされる信長の遺体を発見できていないことから、真実は闇の中。
 ガラシャは父がそのようなことをするとは思えずにいた。
 それでも憶測で誰かに疑念を抱かずにいられたのは、イエスへの信仰があってのこと。
 そのイエスの……と聞かされては穏やかでいられるはずもなく、その……が与える奇跡の話がまた信じられないものだが、もしそれが真実ならと一度は閉じた気持ちが静かに滲み出てくる。
 沈めるために、さらに長く祈りを捧げたのだったが――
「ものは考えようかと思います」
 ガラシャの背後から静かな声で問いかける存在に気づき、身体の向きを変えた。
「宣教師様、それはどういう意味でしょうか?」
 目鼻立ちがはっきりとして、髪の色は日ノ本の民の髪色より明るく、目の色は透き通った空の色をしている。
 口の周りに髭を生やしているが、それがなければかなり若く見えるだろう男性が、少し言葉を噛むように、ガラシャの問いかけに答えはじめた。
「言葉の通りでございます」
 慣れない異国の言葉で必死に考えを伝えようとする姿勢に、ガラシャもまた、その言葉の意味を汲もうと耳を傾ける。
「仰っている意味がよくわかりませんが」
 もう少しわかりやすくとお願いする意味で、そう口にする。
「あなた様はお惚けになられるのがかなりお上手なようで、これは困りましたね。すべてを口にせよと仰られるのですか?」
 宣教師の男は汲んでくれとばかりに言葉を濁らすが、これでは堂々巡りにしかならないと、先に折れることを決めた。
「仕方がありませんね。はっきりと口にしたことで、わたしを咎めないでくださいね」
 宣教師の言葉に、ガラシャは小さく頷いた。
「今、あなた様の前に置かれている箱の中には聖杯と呼ばれているものが入っております。噂では、聖杯はふたつ存在していたのだとか。どういう経緯でそのひとつがここにあるかはわかりませんが、おそらく、イエスを信仰する気持ちを汲み、託してくださったのでしょう」
 信仰者は世界中にいる、その誰かが信仰の深さと誠実さを認められ、託されたものだとこの者は解釈したのだったが、なぜそれが今日ノ本にあるのか……は、深く追求しなかった。
 こういうことは、そういうものなのだ。
 すべては神の導きのままに――
「その聖杯には伝説があり、口にした者の肉体が蘇るのだとか。お父上である明智光秀殿を蘇らせ真実を語らせれば、あなた様の心中が名実と共に穏やかな時を取り戻せるのではないでしょうか? 最愛の夫との生活も取り戻せるでしょう」
 イエスを信仰するようになってから、イエスが齎した奇跡の話を幾度となく耳にしたことがある。
 その中に伝説と化しつつある聖杯の話もあった。
 聖杯の中に注がれた水を口にすると、奇跡が起こるというもの。
 しかし、ガラシャの目の前にある聖杯は、聞いていたものとは別のもので、安易に信じられるものでもなかった。
 それに、もし奇跡が起こせるのだというのなら、生き返らせるのは父明智光秀ではない。
 我が身を第六天魔王と語った織田信長であろうと、脳裏をかすめる。
 信長が仏教を深く信仰していたとは思えないが、聖杯を口にして奇跡を起こした者の末路を聞かされては、とてもではないが父明智光秀をその餌食にすることはできない。
 すべてを聞き出した後、狂ってしまうことを阻止するためにも、首と胴を切り離さなければならないとも言われているからだった。
 必ず狂うとは限らないにしても、その可能性はゼロではないのなら、死者を蘇らせるなど自然の理に反した行為をするのだ、起きる前に芽は摘み取ってしまわなければならない。
「宣教師様の仰っていること、わからないでもありません。今でも信じておりませんから。父が主君を裏切るなど」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, , ,

聖杯~生き血のワイン 第1話第2話

コメントを残す

おすすめ作品