幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記34

   

実験としては成功したようなものだ。

SFラヴコメディー

 

「悪い?」
 川田は、私の言葉を復唱するかのように叫んだ。
「悪いです! 俺だって狙ってたんですから!」
「は? ばっかじゃないの?」
「酷!」
 なんか知らないけど、川田は泣きながら署を飛び出して行った。
「いいんですかあ?」
 今度は、暢気そうに最上。
「そのうち、帰ってくるでしょ」
「でも、意外でしたあ。もう、カモノハシなんて言えませんねえ。でも、なんで彼なんです?」
「そうねえ、ちょっと羨ましくなっちゃったからかな?」
「羨ましく?」
「あの、子がね」
「はあ」
 最上は、首を傾げながらコーヒーでも淹れにその場を去った。
 机には、川田が頑張って揃えてくれたらしい資料が山となっていた。
「そうそう、せめて川田さん労ってあげてくださいよ。ずっと、柏木警部と付き合うためにキャリアあげなきゃって頑張ってたんですから。鳶に油揚げ持ってかれたって、彼のこと刺しに行ったらどうするんですか」
「やめてよ、そんな事件想像すんの」
「色恋沙汰は、怖いですからね」
「川田もバカじゃないんだから。まあ、近いうちになんか考えるわ」
「よろしくお願いしますよ」
 まさか、まさかの展開だったなと思った。
 それが、所詮ロボットの愛情か。だとしたら、継母は正しいと思う。

*****

 随分家を空けてしまったし、ウサ子の事も併せて、篠山さんには大変なご迷惑を掛けてしまった。と同時に、本当に助かった。
 家に着いて早々、ウサ子が俺に飛びつき、その後を疲れた顔で篠山さんが追って来た。
「ああ、もう大丈夫なんでしょうか?」
 俺は、出来る限り深く頭を下げた。
「本当に、お世話になりました! あと、成功しました」
「おおお! 良かったじゃないですか。で、彼女は? 倒れて病院と聞いて……でも、その様子だと死んではいないような?」
「はい。脳が人間だったので、お陰で助かったそうです」
「え、脳が人間だった?」
「ええ? どうか、しましたか?」
「あ、いえ。意外だったので」
「あ、そういうことですか」
「でも、よかったですね。これで、次はプロポーズですね」
「ま、まだ早いですけど」
「まあまあ」
 篠山さんは笑った。
「しかし、子育てとは、なかなか体力がいるものですね。私も、これで帰らせてもらおうかな?」
「はい、何もお構いできずで。また、後日お礼をさせてください」
「気にしないで」
 篠山さんは、俺と入れ替わるようにして帰っていった。
「ごめんな、ウサ子。良い子にしてた?」
「うん! いっぱい、あしょんだ!! ウサ、いっぱいいー子だった」
「そっか」
「パパ、おちゅかれ?」
「すこしね」
「ねむい?」
「すこしね」
「ねんね、いーよ。ウサ、てれび観てゆからね」
 ウサ子と同じ目線に並んだ俺の頭を、ウサ子の小さな掌が撫でた。
 満嗣さんの、あの手の感覚を思い出した。俺はどうやら、頭を撫でられるのが好きみたいだ。
「ウサ、ありがとう。ウサに、ママもできるかもね」
「ウサね、ママね、あのおねーしゃんがいいなあ」
「そっか。がんばるね」
「うん」
 これから、頑張らなきゃいけないことも沢山増えた。でも、それは幸せな頑張りだ。
 なんでもいいから、仕事して指輪買いたい。子連れでも出来る仕事、ないかなあ。度々頼って申し訳ないが、俺の知ってる人間で唯一仕事している、篠山さんに相談してみよう。寝て起きたら。
 
 

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品