幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記35

   

……俺は、呆然とするしかなかった。

SFラヴコメディー

 

 俺は、満嗣さんからの電話を切ると、身の回りの準備を始めた。
 満嗣さん曰く、持ち物は最低限、篠山さんから貰ったような物は一切持ってくるな、とのことだ。
 最近、ウサ子がお気に入りの篠山さんから貰ったぬいぐるみ。これも置いていかなければならないのかと悩んだのだが、目が覚めて泣くウサ子を想像するとどうしても置いて行けなかった。
 持っていって、満嗣さんには直接説明することにした。
 満嗣さんの部下の迎えの車は、30分くらいで到着した。
 俺は眠るウサ子を抱えて、車へと乗り込んだ。
「桜木さんですか? 柏木警部の部下の川田です」
「はい、よろしくお願いいたします」
 川田さんは、俺より若いかもしれない雰囲気すらあるのに、何か怒ったような無愛想な雰囲気を纏っていた。きっと、仕事終わりで疲れていたに違いないと思い、俺は恐る恐る詫びだけ入れた。
「あの、お仕事で忙しいのに、余計な事をさせて、すみません」
「いえ、構いませんよ! 柏木警部に、自分が行きましょうかって名乗り出たんですから」
 なんだか、言い方にトゲがある。
「そうですか、ありがとうございます」
 車がゆっくりと走り出した。無言の車内。俺はなんてこともないが、何故か川田さんから流れ出る雰囲気が重い。
 暫くして、口火を切ったのは川田さんの方だった。
「柏木警部の、何に惚れたんですか? 柏木警部に何をしたんですか? 何が目的ですか?」
「あ、え?」
 急にまくし立てられたので、俺は頭が追いつかなかった。
「いつから狙っていたんですか? 将来のことは考えているんですか? 本当に幸せにできるんですか? って言うか、自分が釣り合ってるとか思ってるんですか?」
「あ、え? あの、なんなんですか?」
 瞬間、車が急ブレーキを踏んで、俺の身体が前のめりに動いた。ウサ子が、びっくりして一瞬起きたが、また直ぐ眠った。
 見れば、信号が赤だった。
「あの。こんな事を言うのは失礼な事だと十分わかっているのですが、子供が寝てるので急ブレーキには気を付けて頂けると助かります」
 川田さんは、何も言わなかった。
 再び、車は走り出した。あれから、何時間経ったんだろうと問いたくなるような、眠らない街はあの時と変わらない。少し忘れかけていた、柔らかな唇と息遣いを思い出して、切なくなった。
「……なぃ……」
 川田さんから、蚊の鳴くような声がした。
「……あんたに、俺の気持ちなんて……わかるはずない……」
 ああ。
 彼は、川田さんはヤキモチを焼いているんだ。
 失恋して、傷付いて……もしかしたら、今の川田さんの立場が、俺だったかもしれない。
「俺に幸せに出来るかどうかなんて自信はないですけど、俺が出来る限りの事はするつもりです。例え、死んでもそれは誓います」
 川田さんは、こくりと頷いた。
 それ以降の会話も反応もなく、満嗣さんのマンションの前で車は停車した。
「このマンションの53階の12号室です」
「すっご……」
 俺は、川田さんに礼を言ってから見送り、再びマンションを見上げて絶句した。
 地区内でも超超有名なゴージャス高級マンションだった。
 確かに考えてもみれば、地区でも有名な凄腕警部。事件にこの人ありと言われた、超有名人なのだから、給料もそれなりに貰っていてもおかしくないだろうと思う。
 高級マンションのラウンジにはホテルのような受付レディがいるし、シャンデリアと小川みたいなインテリアが目を引く。大理石の廊下を歩くのも、なんかもう気が引けるくらいドキドキした。
 受付で名前を言うと、受付レディは聞いていますの一言。で、鍵を貸してくれた。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,