幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記36

   

どういうことだろうか。俺が、最近関わった場所ばかりじゃないか。
俺が、原因なのか?

SFラヴコメディー

 

「その、篠山さんが……もし、本当に誠太さんだとしたら……なんの目的で、俺に……」
 満嗣さんは、溜め息にも似た一息を吐いた。
「さあね。それをこれから調べるのよ。だから、霞には暫くここに居て貰うわ。嫌ならホテルでもいいけど、私も独り暮らしには飽きちゃったし。なにより、あんたに家事やってて貰ったら楽で良いし」
 主夫ですか。
「それは、構いませんけど」
「なあに?」
「あの篠山さんが……と思うと、気になって」
「まあ、事がわかったら、霞には教えてあげるわ。ただ、極秘事項だからね」
「口が裂けても言いません」
「よし!」
 考えれば考える程、疑問しか浮かばない。
 偶然出会ったとか、昔会ったことがあるとか、そんな要素は微塵もなかった。
 篠山さんが俺を訪ねて、わざわざ来てくれた。以来、篠山さんが俺を気にして、訪ねて来てくれて、話すことも多くて……頼りになる友達が出来たと思っていたのに。
「今更、考えても仕方がないわよ」
「そうなんですけど……」
「そうだったら、これからの事を考えましょう。あんたも疲れたでしょう。もう寝なさい。本当にソファで大丈夫なのかしら?」
「あ、はい。十分ですよ」
 そろそろ、夜が明けそうだ。カーテンの隙間から、うっすらと紫色の光の筋が射していた。
 こんな時間まで仕事してたんだ。疲れない身体でも、しんどいと思うけどな。
「満嗣さんも、寝ますか? それとも、コーヒーでも淹れましょうか? お腹は……」
 ああ、空かないのか。寂しいような、便利なような。
「そうね、少しシャットダウン(睡眠)するわ。この身体、前のタイプと同じだけど、やっぱり少し違うからまだ違和感がね。慣れるまで、無理は出来ないなって思うから」
「そうなんですか」
「シャワー浴びてくるわ。もし起きてたら、コーヒー淹れてもらおうかな」
「はい」
 ロボットの身体の感覚も扱いも、全くわからないけどそれなりに繊細なんだろうな。
 満嗣さんは、シャワーを浴びにバスルームに入っていった。
 コーヒーメーカーもコーヒー豆も、高級な物が置いてあった。
 摂取すればエネルギーにもなるのだけど、それはおまけみたいな話で、趣味として楽しむものの一つとなった飲食。ロボット達には、必ずしも必要でない分、より高級な物が好まれる。滅多に飲めないコーヒー、俺も後で貰おうかな。味、わかるかな。
 満嗣さんがシャワーから上がって来たタイミングで、淹れ立てのコーヒーをマグカップに注いだ。
 マグカップを持って降り返ると、シャンプーのアロマの香りとバスローブを纏った満嗣さんの無防備な姿があった。思わずドキッとして、マグカップを落としそうになった。
「あの、このコーヒー高級なやつですよね。俺も貰っていいですか?」
 目が合わせられない。
「飲めば? そんなの気にしなくっていいのに」
「満嗣さんって、大胆ですよね。付き合って貰っちゃって本当にいいのかなって思うんですけど、俺あんまり経験ないから……その……どうしたらいいか」
「大人なんだからさ、お互い」
 満嗣さんは、俺からコーヒーの入ったマグカップを受け取った。
「大胆っていうか、そんなつもりもないんだけどなあ。霞だったら、自然にしてても良いかと思って。私的に楽なんだけど、迷惑だったのかな?」
 俺は、首を左右に振った。
「もっと、霞も自然に振る舞ってくれてもいいのにな」
 なかなか難しいけど、努力します。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,