幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

モモヨ文具店 開店中<35> ~直くんの独立 後編~

   

 あれやこれやと話し合っていくうちにメインを食べ終わり、やっとそこで「あ、『四季』完売したんですってね。よかったです。東京ももう完売しましたし」と綾乃さんが切り替えた。肉を食って頭が回ってきたらしい。直くんもきゅうに話が跳んで、瞬間、わからなかった。
「怪我の功名ってやつですかねえ。阿部さんに頼んでよかったです」
「で、ですね。これはご提案なんですが」
「はい」
「さっきもメールでやりとりしたし、今も話し方の感じでわかったんですけど、わたし、高橋さんの感性面白くて好きです。発想は実直そうに思えてトリッキーだし、隙間を突くずるさもある。B-3のときのアピールポイントもよくわかってる。専門は文房具自販機と万年筆オーダーですよね。わたしとしてはぜひとも、正式に契約交わしたいと思うんです。万年筆部門がいないんですよ。実は、福永さんからちょろっと聞いたんですが、高橋さん、万年筆の改造が得意だとか。わたし、万年筆にも手を出したくて」
「ロケットプラネットと? 俺のタカハシ文具工房が?」
 パスタを流し込んだ炭酸水がつっかかってむせた。
 願ってもないことだったが、いきなりそんなでかいことをしていいのかという驚きが勝った。そもそも契約のけの字もほぼ知らない。すすき野にいたときは、向こうが全部やってくれたのだ。
「そう。前にもそんな話したけど、今回は契約書ありきで」
 綾乃さんは慣れているのか平然としている。
 直くん耳に祝福のらっぱが鳴り響いた。
「ぜひ!」
「じゃあ、契約書発送します。住所を……」
 あっとそろって笑い、互いに改めて名刺交換をした。
 【ロケットプラネット】阿部 綾乃と【タカハシ文具工房】高橋 直の初めての仕事だった。
「じゃ、とりあず、デザート食べながらAかBだけでも決めましょう」
 店が閉店するまでえんえん、綾乃さんと直くんは協議し続け、炭酸水とエスプレッソを飲み続け、結局、決まったのはB-3案だった。バイヤーにも直くん主張するアピールポイントを使うということが決まり、綾乃さんは晴れ晴れとしていた。
「じゃ、また。また会いましょう! 動くのは年明けですよー! よろしくお願いしまぁす!」
 周囲の人が振り返るくらいでかい声を出し、素面かと思うくらい綾乃さんは平然と帰って行く。
 月世野に帰る終電を逃した直くんは、途中の乗り換え駅まで帰り、駅前のビジネスホテルに一泊し、モモヨさんに連絡を取って、会議に花開き、見事終電を逃して明日の出勤が遅れそうな旨を伝えると酒のせいもあって爆睡した。
 

 
 二度目のタカアキさんたちの来襲もつつがなく終わり、大晦日。
 旧モモヨ文具店最後の日は、除夜の鐘とともに終わりを迎えた。最後まで人の出入りの絶えない店で、地元の人からずいぶん愛されていたんだと感じる。新店舗もすでに完成し、これから福永さん家は商店街の新店舗への引っ越しが待っている。新店舗オープンのチラシは引き戸のあちこちに貼られ、お客にも渡された。
 惜しまれつつもカーテンを閉めると、「お疲れ様!」とモモヨさんが肩を叩いた。
「もう新店舗の方にはご主人たちは引っ越してるんですか?」
「うん。昨日引っ越してきた。なので、この場所は今日まで」
 蛍光灯の明かりがさっきまでの喧噪を思い出させ、直くんは胸がいっぱいになった。新興デパートから引き抜かれてからの日々が、あっというまに過ぎていった。
「楽しかったです。お世話になりました」
 涙が声に混じらないように頭を下げると、モモヨさんがしきりに頬をぬぐって、「こちらこそ」とだけ言った。大きく深呼吸したモモヨさんは、泣き笑いになっていた。
「独立、おめでとう」
「がんばります」
 そうして、モモヨ文具店での直くんの日々は終わった。
 いつもしていたように「お先失礼します」と声をかけ、ロートバイクにまたがる。ふと、新店舗を見てみようと思ってハンドルを商店街に切った。いくらもたたないうちに商店街の入り口にモモヨ文具店とかふぇ みょうがのふたつの名前の看板があがった縦に長い店舗兼住居があった。二階に明かりがついている。タカアキさんと琉華とりいかがいるのだろう。人影がちらちらと映った。
 なにも考えず、ただ、ああ、終わったとだけ思った。
 マフラーに顔を埋め、しばらくそうしていたが向きを変えた。
 モモヨさんはまだあの古い家にいるのか、大晦日で騒いでいる連中の隙間からは見えなかった。
 直くんは、リュックに押し込んだモモヨ文具店とかふぇ みょうがのチラシを思い出し、とびきり豪華な花輪にしようと決めると、住民票だけ移してまだ住んでいなかった新しい家、【タカハシ文具工房】へと振り返らず、ゆっくりと自転車を漕いでいった。
 新しい年がはじまった。
 
 

直くんの独立 後編 CLOSED

 

-ハートフル
-, , , , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

ふたりきりゆびきり

家族の肖像(3)〜青春篇〜

フィルダース・チョイス

モモヨ文具店 開店中<1> 〜名入れ承ります〜

スキップ