幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記37

   

「私は、霞を助けるために、篠山を捕まえなきゃいけない」

 SFラブコメ!

 

 もし俺に、ロボットを破壊できるような力があったら、この先満嗣さんとこの関係を続けることは出来ないと思う。
 もし俺にそんな力が本当にあるなら……俺は……。
 そこまで考えて、子供っぽいことが頭に浮かんだ。

 世界征服。

 いやいやいやいや!
 それ以前に、犯罪者だろ。
 しかし、ただの人間にそんな力がある等とは考え難く、更に今の今まで何も問題なかったのだから、やはり違うと思うのだ。
 どちらにしろ、この件は俺にはどうしようもい。
 第一、俺がもし本当に原因だとしたら、満嗣さんが気付いてくれるだろうと思うのだ。なんたって、超エリートの警部なんだから。ははは。
 そこまで考えて、なるべく考えすぎないようにしようとは思ったものの落ち着かず、せめて満嗣さんの様子だけでもと思って携帯でメッセージを飛ばした。
 暫くしてから、返事が来た。
『大丈夫。今夜帰るから。』
 という、シンプルなものだった。
 今夜帰ってくるんだ、大丈夫なんだ。と思って一旦安心はしたが、相変わらず圭介からの連絡はない。
 夜になって、満嗣さんが帰って来た。
 俺は、すっかり日課の夕飯の用意をテーブルに並べながら言った。
「お仕事中に、すみません。ニュース観て、心配で」
 満嗣さんは、疲れているように見えた。当たり前か。
「私が倒れた日から、急に何人ものロボットやアンドロイドが倒れだしてね。ボディの90%が破壊されてるロボットが殆どで……その、言いづらいんだけど、病院でウサちゃんの担当していたカウンセラーと看護士が、亡くなったわ」
「え?」
 俺の全身から血の気が引いた。随分経つのだけど、定期的にウサ子を看てもらっていたのに。
「それ以外にも、何人か亡くなってて。彼女達は、完全なロボットだったからダメだったみたい。あと、アイノコだったりアンドロイドだったりする人達については、一部の救命プログラムが作動して、何とか一命を取り留めたって感じみたいね」
 圭介は……。
「あの、俺の友達と連絡が付かないんです。圭介っていう、アイノコなんですけど」
「そうなんだ。もしかしたら、巻き込まれてるかもね。けど、あんたが居た病院を中心に広まってるみたいだから、どうなのかな。彼は、結構来てたの?」
「はい。俺の家族の代わりに着替えとか日用品とか持って来てくれてました」
「もしかしたら、G区の病院に隔離されてるかもね。F区は隔離が決まってて、G区は最先端のロボット病院とか研究施設があるから。殆ど、研究の為の区だから、今回の件は原因究明も兼ねてG区の研究病院に隔離する事になってるの」
「面会に行けますか?」
「人間なら大丈夫だと思うわよ。ただ、証明のパスは忘れないようにね。明日にでも、私が連絡してみてあげるわ」
「ありがとうございます」
 圭介、とにかく無事だといいんだけど。
「そういえば、あんたのアパートも隔離されたのよ。住民が倒れて、検事達も倒れちゃって。アパートが原因と言うより、あの場所が結構酷いんだけど」
 俺は、生唾を飲み込んだ。そして、満嗣さんに思っていた事を言った。
「俺が、原因なんでしょうか……」
「はあ?」
 と満嗣さんが、声を上げた。
「だって、俺がここ最近行ったことがある場所ばかりだし、俺が関わった人が倒れて、死ぬとか……サライさんにしても、満嗣さんだって俺に……した後に……あと、もしかしたら圭介だって……」
 満嗣さんは、笑った。
「そうねえ。もしそうなら、世界征服出来ちゃうね。でも、それはないわよ。あんた、ただの人間でしょ? 人間にそんなこと出来るはずないもの。それに、大凡の目星はついてるから」
「というと?」
「霞に、丁度今夜話そうって思ってたのよ。私の身体から、今まで無かった最新のウイルス型ナノマシーンが発見されたの。そのナノマシーンが原因なのはわかったのだけど、それが何処から出てきて、どこから潜入したのかわからない。そこで浮上したのが篠山」
「篠山……さん?」
「ええ、篠山は篠山誠太だったの。それで、そんなナノマシーンを開発出来るのは、あいつだけだって話になって」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品