幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記40

   

 大人になるとちょっとした事、当たり前のことに気付かなくなるんだ。

 SFラブコメ!

 

 サンドウィッチに唐揚げ、卵焼きにブロッコリーとミニトマト。簡単だけど、楽しいお弁当らしいお弁当。を、大きめのランチボックスに詰め込んだ。それから、水筒にジュースも忘れずに。
 遊園地自体、果たして何年振りなのだろうか。
 子供の頃の遠足を思い出すように、俺の気持ちは多分3人のうちの誰よりもわくわくうきうきしていたように思う。
「着いたらすぐお昼になっちゃうかもね」
 満嗣さんの言葉に、ふと気づいた。そうか、そうだよな。
「着いたら、すぐお昼にしましょうか」
「うん、おひるー」
「そうね」
 満嗣さんが、ウサ子の頭を撫でた。
 遊園地まで、満嗣さんが車を出してくれた。
 一番近くの遊園地は、幼児向けの規模の小さいローカルなタイプ。お陰で、平日なのもあって空いているうえに、お弁当を食べるための小さな広場もあった。
 そこにレジャーシートを引いて、作りたてのお弁当を並べた。場所も近いし、さっき作ったばかりだから、お弁当はまだほんのり温かくて変な感じだ。

「こんな事だったら、家で食べてきてもよかったかもしれませんね」
 と俺が苦笑いを見せると、満嗣さんはお弁当の唐揚げを摘みながら
「ほか弁みたいでいいじゃない。お弁当でもあったかい方が美味しいわよ」
 と返してくれた。
 少し作りすぎたかもしれない俺特製のお弁当は、残らず綺麗に片付いた。
 ウサ子も雰囲気に呑まれたのか、いつも以上に沢山食べていた。
「ウサ子、少し休憩したら何か乗ろうか?」
 食べた直後だし、と思って休憩を促したのだが、ウサ子は待ちきれずに走り出した。
「あれ! あれ!」
 ウサ子が指差すのは、メリーゴーランド。小さいながらに、華やかな馬が上下に動きながら回る風貌は、魅力的に見えるのだろう。
「懐かしいわね、メリーゴーランド。私も子供の頃、好きだったな」
 いつもクールな顔の満嗣さんの表情が、柔らかく揺れた。正直、ドキッとした。
「じゃあ、皆で乗りましょうか」
「この年で、なんだか恥ずかしいな」
 満嗣さんの照れた笑いが、また愛おしく思えた。
「そうですよね、でも俺乗ってきますね。ウサ子のために」
 満嗣さんは「見てるわね」とその場を離れようとしたのだが、それをウサ子が引き止めた。小さな手にしっかり握られた、満嗣さんの服。
「ウサ子、我儘言ったら迷惑だよ」
「まーまーも、のるの!」
 まーまー……ママって、お前! なんて事を!
「あの、満嗣さん、違うんですよ。ウサ子、なんか勘違いしてて!」
 俺はなんとか誤魔化そうと、必死に弁解しようとした。超絶美人で、キャリアウーマンで、しかもまだ付き合って間もなすぎて、俺自身受け入れきれないのに……なんてことを! いくら子供でも、許されることと許されないことがあるのだと教えなければ!
 しかし、俺の心配をよそに、ウサ子は頬を膨らませたまま、握ったその手を話さない。
「満嗣さん、すみません。すぐに言い聞かせます」
 けれど、満嗣さんはウサ子と同じ目線になるよう、ウサ子に向き合って座った。
「そうよね、せっかくだもんね。皆で乗ろうか。パパとママとウサ子ちゃんと」
 ウサ子は、満嗣さんに頭を撫でられて、嬉しそうに笑った。
「満嗣さん……」
 正直、俺は呆気に取られた。
「ママ、だって。ママになる事なんて、無いって思ってたのに。ウサ子ちゃん、なんでママって呼んでくれたのかな」
 珍しく満嗣さんの顔が赤らんで見えた。
「はっ! ママなんて、柄でもないっ! 擬似よ」
 それでも、嬉しかったのかな。ツンっとそっぽ向いた顔は、さっきより紅潮した上に柔らかかった。
「満嗣さん、ママになるのは嫌ですか?」
「私は、この仕事の為に人生捧げようと思ってたのよ。人並みの生活も幸せも憧れはしたけど、人並みの生活が私の幸せとは限らないんじゃないかなあ、なんて。私には私にしか出来ないことがあるから、それを貫くことが私には優先すべき事だとそう思ったわけ。でも、ママって呼ばれると嬉しいものね。私にも、母性があったんだ……」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13

生克五霊獣-改-3

   2017/12/13