幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

懐かしい「音」

   

皆さんにとって「懐かしい音」とはなんですか?

昔あった「物売りの声」なんかどうですか?チャルメラ、屋台のラーメン、火の用心など、身の回りにもありますね。

今夜は、このことについてお話しましょう。

 

 
暮らしの中にある「音」
 

すみません。先週、過労で倒れてしまい、ちょうど一週間、入院していました。ええ、もう大丈夫です。いい休養になりました。
我が家の空気を吸うのも、一週間振り。

  う~ん、ふぅー

思いきり息を吸って、吐き出す。実に気持ちがいい。家に帰ってきたー!って喜びですかね。ははは、元気になった証拠です。

今も入院されている方々、早く退院できること、私は心より願っております。

さて、今朝、元気になった証拠をもう1つ、発見しました。

ワイフが洗濯物を干している時に気がついたんです。

「おい、どんな石鹸使っているんだ?」
「え、どうしたの?」
「あ、いや、いい匂いだから。」

石鹸って、生活の匂いですよ。

いやいや、前置きが長くなってしまいました。

今夜の雑談ですが、テーマは「音」です。えっ、何で「匂い」じゃないのか?それは簡単です。手持ちのネタがたった今お話しした石鹸の匂いくらいしか無いからです。

ちょっと、お茶を・・ふぅ・・旨い。それでは始めましょう。

 

-ノンジャンル
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

お稼ぎさん

殺させ屋への依頼

1985年、僕らは…… 3通目

迷い人に孫の手を3<2>

綾乃さん 第一回 訃報

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13

生克五霊獣-改-3

   2017/12/13