幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

懐かしい「音」

   

 
物品販売の音
 

話が脱線しましたので、元に戻しましょう。

食べ物の次は物品です。

これで有名なのは、寺田博士も書いています竿竹屋さんですかな。

「さおやーさおだけー」と独特の節回しの、物干し用の竹を売る竹屋さんの声です。竹を積んできますからリヤカーやトラックで来てました。

あ、そうですね。物干し、今はアルミのパイプ製など、いろいろな物がありますが、昔は3m位の高さの丸太棒を地面に立て、2m位の高さのところに木を十字に釘で打ち付けて物干し台を作りました。そして、3mくらいの竹を渡して、そこに洗濯物を干しました。

洗濯物は庭に外干しが当たり前でしたから、

「お嫁さんが来て、洗濯物がカラフルになりましたね。」

こんなことがあいさつ代わりになりました。

でも、「いやだあ、お隣、洗濯物を覗くのよ。」なんてことはありませんでした。プライバシーが無いといえばそれまでですが・・

そんな訳で、物干し用の竹を売る竹屋さんが必要だったのです。

子供の世界では、これも夏の風物詩ですが、「きんぎょーえー、きんぎょー」の金魚売りです。

まあ、これも故郷自慢ではありませんが、私の住む東京都江戸川区は、当時、奈良県の大和郡山、愛知県の弥富と並び日本の金魚三大産地として称されていました。現在は、都市化、宅地化の影響で、金魚の養殖は少なくなってしまいました。

ですから、「金魚屋?へっ、そんな金魚、買えるかよ。金魚は養殖池で買うもんだ。」なんて、私の祖父などは言っていました。

夏と言えば、もう一つは風鈴ですか、チリンチリンと涼しい音の江戸風鈴。これも近所に工房がありましたので、「物売りの音」ではありませんが、懐かしい音ですね。

 

-ノンジャンル
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13

生克五霊獣-改-3

   2017/12/13