幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

懐かしい「音」

   

 
番外編
 

物売りではありませんが、番外編として2つ。

一つ目は「火の用心、カチカチ」の拍子木の音ですね。

防犯、防火のため、地域内を夜8時から9時くらいまで、毎日夜回りして歩く時の音ですね。

「ああ、年末なのか・・」
「寒くなったなあ・・」

といった季節を感じる音ですが、最近は「うるさくて迷惑だ」とか・・いろいろな考えがありますから、ここでは、これ以上は止めておきましょう。

そして、もう一つはお寺の鐘の音です。

子供の頃、時計なんか持っていませんから、夕焼けが出てくると、そろそろ帰らないと叱られる、などと天気でおおよその時刻を判断していました。

そんな中で、唯一、正確な時報がありました。それがお寺の鐘でした。

夏場は午後6時、冬場は午後5時になると、ゴーンとなる訳です。

今では除夜の鐘としてしか撞いていないようですが、あの頃は、ゴーンとなれば、全員が遊びを止めて家に帰る「門限の鐘」でした。

鐘が鳴っても遊んでいると、「人さらい(誘拐犯)に連れて行かれるぞ!」と、親でも親戚でもない、遊び場の近くにいた大人に叱られたものでした。

ああ、懐かしいなあ。

皆さんも、年齢にかかわらず、色々な音の記憶など、お持ちではありませんか?

今度、お聞かせくださいね。

それでは、今夜の話はここらあたりで。
 
 

(了)

 

-ノンジャンル
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13

生克五霊獣-改-3

   2017/12/13