幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

1%の彼女達 〜fly away〜1

   

叶わぬ恋だとわかっていても中々別れる事が出来ない女二人。
1%に翻弄されながら、毎日泣いて笑って、落ち込んで1%にしがみついた行方は……。

 

【夏ちゃん明日逢えない?いつもの居酒屋7時でどう?】

 携帯を開いたのは夏月。口に含んだままのビールを喉に追いやって煙草に火を点けるとすばやく返事を打って送信ボタンを押す。

「また事件発生か……」
 溜息交じりの白煙を尖らせた唇から吐き出した。
 
 メールの送り主は小春。
 夏月と小春は高校時代の友達だ。
 卒業後は暫く離れていたが、同級生の父親の葬儀で再会した。
 学生時代は特に仲が良かった訳ではなかったが、何故か今になって同じ匂いがしたのだろう。

 後日、二人で飲みに行く場面を作り初めは他愛のない話から、女同士ならお決まりとなる恋の話。

 学生時代から何処か柔らかな雰囲気をかもし出していた。栗色のセミロングの髪は女でもつい触りたくなるほどだ。
 何にでも興味があって、思った事を何でも口にする。唐突な質問に周囲を困らせる事もしばしば。天然系の小春。

 一見、しっかり者の様に見えて実はそうでもない。一途な思いは人間関係に限らず好きな物だったら毎日食べる。
 時間にだけは厳しく煙草がないと機嫌が悪くなるのは見た目クールな夏月。

 とても合いそうにない二人だったが、この夜の恋話で一気に距離が縮まった。

 そう、この二人の恋の相手は危険な男達だったから……。

 

-ラブストーリー

1%の彼女達 〜fly away〜<全6話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話

コメントを残す

おすすめ作品

恋の小箱 B

なりあがる! 15 完

奏でる愛と書き綴る愛! 2

壊れた夏休み 4話

カセットテープ