幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

モモヨ文具店 開店中<最終回> ~モモヨ文具店とかふぇ みょうが~

   

 

あとがき

 あとがきを書くのは初めてですが、今回は記念に書かせていただきます。
 作者の三日月 理音です。
 私の都合により振り回された『モモヨ文具店 開店中』二年ごしの完結と相成りました。読者のみなさまには厚く御礼申し上げます。みなさんの支えがなかったら、今、この文章を書けていませんでした。半年開いたり、途切れ途切れになってしまったりと申し訳ないです。もちろんいろんな事情があるわけですが(激烈な体調不良や、別件の小説に入れ込んでいたなど)それはやはり読者のみなさんには関係がないので、作者の身勝手にここまでついてきてくださって本当に嬉しいです。ありがとうございます。
 みんなの日常はもちろん続いていきますが、小説的にはここで一旦、おしまいです。
 あの子はどうなった? この事件は? このあとのことは?
 それらはすべて「別のお話」。ここでは語られることのない、みなさんのなかにだけあるお話です。その物語の芽を大事にしていただけると、私はとても嬉しいです。
 

 モモヨさんの物語群を少しお話したいと思います。
 本当は『真夜中疾走ノート』で終わりになる話でした。なにが原因かは覚えていないのですが、たしか当時書いていた小説の脱稿を機に、気力体力ともにエンストになってしまい、さらには大好きなノートをモチーフに取り上げてしまったことで、もう書く気力をなくしたのでした。
 当時は文具流行りはまだなく、従って情報自体も今のように多くなかったように思います。この『モモヨ文具店』のモデルになったお店も何度か見ましたし、実際に登場した文具も、すべて自分で手に入れて試してから小説を書いていました。
 今も赤字ですが、当時はもっと赤字だったなあという思い出があります。(物書きというのはたいてい赤字です)
 ただ、たった数話で終わるはずの物語が、ずいぶん長く続いたのは自分でも意外に思っています。おかげさまで最長の長編になりました。ちゃんと完結させられたかなあ、大丈夫かなあと今でも不安です。幕が引かれて、終わるという物語ではないので。
 

 モモヨのことを書けよ! と思われますが、まあ、脱線です。
 「書くこととはなに?」をよく考えます。
 とある作家は「祈ること」と紙面上で語り、当時の私はそれがわからず、ケッと琉華のように思いました。ですがあることを期に「相互方向の救いである」と解釈しました。
 そして数年前、とある作家の先生に「物語が書きたいのだ」とのたまいました。当時の私のなかでの物語とは「連綿と続くなにか」であり、人が土台になっているような、そんな意味合いで言っていました。
 今、理解しました。
 私は『モモヨ文具店』で「物語」を書いたのです。そして私は「救われた」のです。
 人の営みが連綿と続いていく「物語」がやっと書けたのだと胸が熱くなります。
 誰かお一人でも、この物語の情景やワンフレーズ、出来事を覚えていてくれれば、あるいは辛くなったとき、嬉しいとき、悲しいとき――これを読んでいる〝あなた〟のあらゆる人生の場面で、この物語を思い出していただければ、私にとっての救いになるのだと思います。
 それが、この『モモヨ文具店 開店中』という「物語」を書いた意味なのだと思います。

 おまけに直くんと綾乃さんのその後を描いた小咄があります。
 どうぞそちらもご覧ください。

 それでは。またお目にかかりましょう。

2017/11/21 三日月 理音

 

-ハートフル
-, , , , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

家族の肖像(1)

絵の上手かった山田くん。

モモヨ文具店 開店中<21> 〜直くんと出奔〜

モモヨ文具店 開店中<10> 〜モモヨさんと吟遊詩人〜

モモヨ文具店 開店中<20> 〜おりがみ手紙〜

クリーンゲーム

   2017/12/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第37話「二人の母」

   2017/12/14

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】22

   2017/12/14

カゲギョウ

   2017/12/13

生克五霊獣-改-3

   2017/12/13