幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

歴史・時代

生克五霊獣-改-8

   

 死人の道に迷い込んだ晴明を探すため、自ら死人の道に飛び込んだ葛葉。二人は無事、再会することが出来るのか!?

 時代伝奇ストーリー

 

 その理想故か、後に里は子捨ての里と呼ばれるようになるのだが、それはもう少し先のお話。
「お地蔵様がいるなら、少しは守ってくれるかの。今日はこの辺りで休むとするか」
「はい」
 この先進んでも、荒れた場所が改善しているような気がしない。晴明と葛葉は、お地蔵様の周辺を足で踏み慣らし、小枝を集めて焚き火をした。そこで、葛葉の持ってきた餅を夕餉として炙って食べた。
 その晩、眠る葛葉の傍らで晴明がうとうととしていると、急に辺りが明るく感じた。人の気配がする。それも大勢の気配だった。灯りは、沢山の提灯のようだった。
 不審に思った晴明は一旦葛葉を起こし、刀に手をかけながら奥の木に隠れた。葛葉が晴明の後ろに隠れる。ぎゅっと晴明の着物を握る葛葉の手が震えていた。
 気配と灯りが近付いてくる。
 これだけの人数を相手に出来るものだろうか。晴明の額にも変な汗が滲んだ。出来れば、このまま隠れてしまってやり過ごしたいところだった。
 暫く様子を伺う2人だったが、それが常識的におかしい事に気付いた。
 と言うのも、彼等が来る方向は道ではない。しかも、木や草も関係なく、真っ直ぐ歩いてくるのだ。その感覚が合っているとするなら……このままここにいては、彼等とぶつかる。
 晴明は葛葉の手を引き、彼等の通路になりそうな場所を避けるように移動した。
 再び、茂みに隠れて息を潜めた。
「!」
 思わず声が出そうになった。
 人影は只のモヤのような影であり、人としての身体には見えなかった。よく見れば、顔になるであろう部分に、溶けかけたゼラチンのような目玉が張り付き、人影に寄っては鼻汁のように垂らしながらそれは真っ直ぐ列をなして歩いていた。
 それぞれの手の部分には、不気味に光るボロボロの提灯がある。
(あれが、死者。では、これが死人の道か……)
 晴明は、初めての光景に恐怖を感じた。上手く息が出来ないような気がした。気付かれないように息を潜め続けるのがやっとだった。もし、相手に気付かれてら……失禁してしまうくらいでは、済まないだろう。
 情けなくも、刀を握る手が震え始め、カチャカチャと金属音を鳴らそうとしていた。それに気付いた葛葉が、晴明の手に自分の手を重ねた。ご安心下さいと言わんばかりに。
 盗賊には弱くても、この場での葛葉は有利だった。ぽつりと耳元で呟いた。
「私が結界を張りました。あの者達に気付かれる事はないでしょう。大声を出さなければ、話しても大丈夫です」
 晴明は、ひと呼吸して、刀から手を離した。
「恐ろしゅうございますね」
「お主は、平気なのか?」
「見慣れておりますが、あのような参列は初めて見ました」
「見慣れて?」
「はい。実は、時折松兵衛と共に里の外に、戦の死者の弔いに出掛けることがございました。道に迷った死者は、時折あのような姿で現れ縋るのです」
「では、これが死者の道とか言うやつか」
「でしょうね。けれど、この霊道はあの世に通じていないような気が……」
 話していた葛葉の言葉が止まった瞬間だった。葛葉の頭に、しくじったと浮かんだ刹那、考える間もなく晴明の襟首が引っ張られ死者の参列の中に引きずり込まれてしまった。
 葛葉が手を伸ばした時には、晴明の姿は消えていた。
 顔面蒼白で、葛葉はその場に崩れ落ちた。
「何故? どうして?」
 全身が、ガタガタ震える。
 一人の死者が、突然参列から離れ、晴明の着物の後ろ襟を掴むと、死者の参列に突き入れたのだ。
「助けなきゃ、助けなきゃ、助けなきゃ、助けなきゃ」
 震えている場合ではなかった。葛葉は、自らも参列の中へと飛び込んだ。

 

-歴史・時代
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

怪盗プラチナ仮面 28

   2018/01/23

生克五霊獣-改-14

   2018/01/23

オクターヴ上げて奏でる[8] オクターヴ

   2018/01/22

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第39話「踏み出す一歩」

   2018/01/22

君がいない世界なら、僕は生きていけない・4

   2018/01/19