幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

歴史・時代

生克五霊獣-改-11

   

「幼き頃から、お前の存在に屈辱を受け、馬鹿にされ、日陰の生活にうんざりしていたら、その元凶と今度は夫婦等。その元凶と少しでも分かり合おうとしようものなら、また屈辱。俺は一体、何なのだ?」

 伝奇時代ストーリー

 

 そして
「観勒殿、貴方は本当にこの件に関して何もご存知ないとのことで、私が進めてしまってもよろしいのですね?」
 泰親は、不気味に笑った。
「どうぞ」
 葛葉は、晴明に近寄った。
「若様、お怪我はございませんか?」
 暫く泰親と葛葉のやり取りをただ見ていた晴明だったが、急に振られた事で顔を真っ赤にした。女子の葛葉でさえ平然としているのに、男子の自分は腰を抜かして立てずにいる。情けなくて、強がる事も出来やしない。
「あ、ああ」
「恐ろしゅうございましたね、さあ帰りましょうか」
 後ろで、泰親がからかう。
「恐ろしゅうて、失禁したんでありませんか? まあ、初めて見たのでしたら、普通の神経の持ち主であればそうなりますね」
「し、失禁などしておらんわ! バカにするな!!」
 カッとしたせいか、先程まで力の入らなかった腰が持ち上がった。
「帰るぞ、もう用はないのだろう」
 晴明は、真っ赤になった顔を伏せながら、すたすたと歩いた。その後ろを、葛葉が小走りで追いかけた。
(富子さんも、実に厄介な娘を寄越しましたねえ。早いところ、息の根を止める必要がありますね)
 
 

*****

 

-歴史・時代
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

怪盗プラチナ仮面 28

   2018/01/23

生克五霊獣-改-14

   2018/01/23

オクターヴ上げて奏でる[8] オクターヴ

   2018/01/22

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第39話「踏み出す一歩」

   2018/01/22

君がいない世界なら、僕は生きていけない・4

   2018/01/19