幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

渚-nagisa-(21)

   

 クラス対抗リレーの代表に、ハルカとともに選ばれたタケル。今回ばかりは、以前のような失態を晒すわけにはいかないと心に決めるタケルだった。

 放課後、リレーに選抜された生徒による自主練習が始まった。タケルたちも優勝に向け練習に励むのだが……。

 

渚  第21話 海岸沿い

「え? タケル君もリレーの代表になったんだ!」

 タケルが代表に選ばれた次の日のお昼休み、いつものように中庭で一緒にお弁当を食べていた亜里沙が驚いた表情で言った。亜里沙はハルカに対してライバル宣言をしてからタケルの事を『武藤君』ではなく、『タケル君』と呼ぶようになっていた。

「うん……なんか成り行きでそうなっちゃんだけど……」

 タケルは右手で頭を掻きながら、少し落ち込んだ様子でそう答えた。

「代表に選ばれたんだから、もっと嬉しそうな顔をしたら? 男の子ってこういう事になると燃えちゃう人が多いから、結構立候補した人、いるんでしょ?
 その中で代表として走る事になったんだから、ここは活躍するチャンスだと思って頑張って。私もね、リレーの代表に選ばれたんだよ。タケル君とは違うチームだけど、一緒にいい思い出、残そうね」

 亜里沙はそう言うとニッコリと微笑んだ。

「でもちょっと複雑だな……。水森さんも一緒に代表になったんでしょ? タケル君と一緒のチームで走れるなんて羨ましい……」

 そう言うと、亜里沙は少し悲しそうな表情を浮かべていた。

「これからリレーの練習とかあって、水森さんと一緒になることが多いと思うけど、あんまり水森さんとベタベタしたりしないでね。そうじゃないと私、ヤキモチ焼いちゃいそうだし……」

 タケルは亜里沙のその言葉に、胸の奥が締め付けられるようななんとも苦しい気持ちになった。苦しいと言っても嫌な感じではなく、とても心地の良い苦しさだった。

 その日の放課後から、二週間後に開催される体育大会に向けての各クラスでの練習が始まった。タケルのクラスも例外ではなく、クラス対抗リレーに向けての練習を始めていた。

 トラックのあるグラウンドは運動部が使用していたので、体育館の横にある、いつもはテニス部やハンドボール部などが使用している小さい方のグラウンドを使用して練習が行われていた。

 グラウンドと言ってもテニスコートが二面取れるほどの大きさしかなかったので、そこを走り回る事もできないため、タケル達は、バトンを渡すタイミングをはかる練習を続けていた。

 

-ラブストーリー


コメントを残す

おすすめ作品

恋する僕ら-約束のしかた<2>

LOTUS special 〜Birdie in Boots〜 <2>

レンタル彼氏(4)

奏でる愛と書き綴る愛! 1

Drop Kiss 〜樹泰の受難〜