幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

可視光線 3

   

不定期連載第3弾。

くだらない男との別離と、
しでかしてしまった、失態。

 

□■5■□

 自分ではバカバカ吸ってるくせに、女の喫煙を毛嫌いする男がいる。

 ばっかじゃないの!?

 あんた、男尊女卑もいい加減にすれば?
 タバコは二十歳になってからなんて、考えてるような輩に軽蔑するような目で見られたくない。
 女性は母親になるんだから!?
 そりゃ喫煙が原因で低体重児が生まれることもあるだろうけど絶対じゃないし、そんないつやってくるか判んないような未来の話されても困るっての。
 それを言うならあんたの吸ってるタバコから零れてる副流煙のほうが害あんのよ。
 禁煙マークついてても、我が物顔で吸ってるあんたのほうが常識知らずじゃない。
 あたしはその辺わきまえてるわよ。
 あんた、咥えタバコがかっこいいとか思ってるクチでしょ。
 でもそんなのあたしに言わせりゃ『けっ』よ『けっ!!』
 ゴルチェのスーツ着てたってそれだけで冷めんの。
 はっきり言って、哀れで仕方がない。
 それから、公共の場で携帯鳴らしてでかい声でくっちゃべってるあんたは何様のつもり!?

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品