幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

秘密-すれ違う二つの心-(16)

   

 亮介さんの計画を実行に移した智美。
 結果がどうなるのか気になり、落ち着かない気持ちで一日を過ごしていた。
 モヤモヤした気持ちを亮介に打ち明けようと智美がメールを打っていたとき、思いもよらず創が帰宅する。

 こんなに早く帰ってくることなんて滅多にないことなのに……。

 突然の創の帰宅に、平常心を失った智美だったのだが……。

 

秘密(16)

 約束の日。これといって私が何かをしなければならないわけではなかったが、その日は一日ソワソワした気持ちになっていた。

 どんな結果が待ち受けているのだろう。もしも誰かの悪戯じゃなかったら……。マイナスな感情ばかりが頭を駆け巡る。

 気がつくと溜息ばかりついている。モヤモヤした気持ちばかりが膨らむ。早く真実を知りたい。気持ちばかりが焦ってしまう。

 どうしよう。

 この複雑な心境を誰かに話したい。誰かに話してスッキリしたい。そんな時、頭に浮かぶのは、やはり亮介さんだった。彼ならきっと私のこの気持ちを分かってくれるはずである。私は携帯を手に取り、亮介さんに助けを求めようとした。

 だが……

 突然の夫の帰宅。

 
 最近はこんなに早く帰ってくることなどなかったのに……どうして今日に限って……。

 慌てて携帯を閉じる。慌てた気持ちが顔に表れていたのだろうか? 私の顔を見たあと不審な表情を浮かべながら、夫は自分の部屋へと向かっていた。

 慌てて夕食の準備を進める。こんなに早く帰ってくるとは思っていなかったので何も準備ができていなかった。そのことを悟られるのが嫌だったので、手早くできるメニューを選びそれを作った。夫がお風呂から上がるまでに何とか間に合い、ホッとした。

 夕食時、いつものようにあまり会話はなかった。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド


コメントを残す

おすすめ作品