幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

秘密-すれ違う二つの心-(25)

   

智美が亮介と会っているところを写真に収めた誠。
途中で職務質問をされ、亮介の顔を撮ることはできなかった。

智美が浮気をしている証拠を突きつけられた創は、精神的にかなりのダメージを負った。一人で飲みたい気分になり入った店は、旧友である剛の店だった。久しぶりの再会を喜ぶ二人だったが、剛の放った言葉に、創は暗い過去の出来事を思い出す羽目になるのだが……。

 

秘密(25)

「なあ、久しぶりにあったんだ。もっと楽しい話をしないか?」

「あ……そ、そうだな。そういえばさ、お前、今どんな仕事をしてるんだ?」

 剛が無難な質問を投げかけてきた。俺がその話をしたくないと悟ったようだ。俺たちはしばらく、何気ない会話を続けた。

「それじゃぁ、また来るよ」

「ああ、いつでも来てくれ。今度は智美ちゃんも一緒に」

「ああ。智美もきっと懐かしがると思うぜ。それじゃあな」

 手を挙げ店の引き戸を開けようとしたとき、剛が後ろから語りかけてきた。

「なぁ、創……今日は悪かったな。嫌な事を思い出させてしまって。あまり気にするなよ。何て言うかな……若げの至りっていうかさ……彼女もあそこまでしなくても、って、俺も思うからさ……それに、俺が創の立場だったら俺も同じように逃げてたかもしれない……だから」

「もういいよ。過ぎたことだ。今日は楽しかったよ、それじゃあ」

 俺は後ろも振り向かず、店を出た。夕方よりも風が冷たくなってる。肩をすくめ、背中を丸めるようにしながら、俺は駅へと向かった。

 電車の中は暖房がきいていた。座席の背もたれに身体を預ける。心地よい揺れが眠りを誘う。少し酔っているせいか、瞼が自然と下がってくる。

 森の中ある湖の湖畔にいた。

 一人の女性がボートの上で佇んでいた。

 真っ白なワンピースを着た、髪の長い女性。彼女はボートの上から湖畔にいる俺をじっと見つめていた。

「あなたの罪は消えない……消させない……絶対に」

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド


コメントを残す

おすすめ作品