幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

ふり返れば、愛慾。9【禁断の男】

   

寂しい
人恋しくて弟に男を重ねる

別に弟が欲しいわけじゃないの、ただ本当に寂しいだけ

出会いがあれば別れもある

だけど、私はまだ別れたつもりなんてないもの…

 

「姉貴?」

 車のクラクションが耳に入り、私の足が無意識に立ち止まると、スッと横付けした車から見慣れた顔が私を姉貴と呼ぶ。

 見慣れた顔が弟の圭吾だと認識するのに、かなりの時間がかかっていたと思う。

「どうしたんだよ。そんな腑抜けた面して歩いていると、いいカモ扱いされて姦されちまうだろ。乗れよ。どうせ家に帰るんだろ」

 いいカモって。

 姦されるって。

 三十路過ぎの女相手にする物好きがいるかしら?

 思いながらも、私は圭吾の申し出に従っていた。

「いいのか、モデルがそんな姿して街中歩いて」

「そんなに酷い格好、している?」

「している、している。気付いていない?」

 良高に置き去りにされて、それからどうしたんだろう、私。

 いつもの通りなら、シャワー浴びて着替えて。

 ホテルに入った時と変わらない姿で出るのだけれど……

 圭吾に言われて、カバンから化粧ポーチだして、手鏡で自分の顔を映して見る。

 

-ラブストーリー


コメントを残す

おすすめ作品

渚-nagisa-(29)

Love cannot be compelled 10

LOTUS extra 〜The Happy Princess〜 <後>

栄光の最先端薬学部 第1話

奏でる愛と書き綴る愛! 1