幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

童話

Christmas fantasy4

   

年上彼女燕と年下彼氏貴明のお話4話目は未来編

それぞれ別々の星で生まれ育ったふたりは宇宙に出て出会います

おまけとして別バージョンの燕と貴明のお話を追加
完結編になります

 

#1富士ノ宮号

 ツリーのような形をしたモノを目の前にして、子供のように喜んでいる大人がひとり。

 かわいい我が子のようなこのモノに【富士ノ宮号】と名づけました。

 2XXX年、人類は好きなように宇宙旅行できる時代となっておりました。

 ただし、宇宙船は自前――が、お約束。

 自家用車のような感覚で所持とお考えください。

 それでも高嶺の花。

 買うお金を貯めるのが早いか、自作するだけの知識を得た方が早いか――

 この大人、男は生まれながらに知識が長けておりましたので、自作の手段を選びました。

 構想すること数年。

 失敗すること何十回。

 やっと念願の宇宙船です。

 ――ひとり乗りですが……

 

-童話

Christmas fantasy<全5話> 第1話第2話第3話第4話第5話