幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

罪咎∞ #2【濡れて】

   

「久しぶり。随分探したのよ――」
 背伸びしてさしだす傘。
 男の俺が手にするには不似合いな、パステルカラーの傘の中に俺はいる。
 声のする方へと視線を落とせば、見事な黒髪を綺麗に伸ばした少女が立っていた。

 

 六月の終わり、平均より遅い梅雨入りした時。

 運悪く俺はまた体力仕事に借り出されていた。

 傘をさすほどでもない小雨。

 しかし時間が経つほどじんわりと衣服を濡らし、身体を冷やしていく。

 寒い――直感でそう感じた時、ふと降り注ぐ雨から守られるように傘をさしだされた。

 

-ラブストーリー


コメントを残す

おすすめ作品

怪盗プラチナ仮面 26

   2018/01/16

生克五霊獣-改-12

   2018/01/16

オクターヴ上げて奏でる[7] バラッド

   2018/01/15

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第38話「数えきれない」

   2018/01/15

君がいない世界なら、僕は生きていけない・2

   2018/01/12