幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

記憶と知恵のカラマリ(3)

   

寝室に足を運んだ香田は、そこで、メイド服姿の少女、リーファと出会う。大人しく真面目なリーファのおかげで香田は久しぶりに充実した眠りを味わうことになった。

その翌朝、イファカルたちと朝食をともに取ることになった香田だが、その席で、ある人物と望まぬ鉢合わせをすることになるのだった……

 

 階段は、緩やかで一段ごとのスペースが広く取られていて、加工されてから、二百年も経過しているかのような風格のある木製だった。
 ただ、手入れは行き届いているようで、ささくれ一つ見えない。
「どうでしょうか。お気に召して下されば幸いなのですが……」
 地下も上の階と同じように、多くの本棚が立ち並んでいた。
 本棚の陰から声が響いてきたので、その方向を振り向いてみると、黒と深い青色で彩られた服を着た、茶色がかった金髪の少女が立っていた。
 髪は短く、一見無造作にまとめられている。
 服はメイド風。
 ただ、アニメやゲームで見かけるような華美なものではなく、近代の家政婦が実際に着用していたような、実用的で地味なデザインだ。
「ごゆっくりお休みください。朝食は、明日七時に部屋にお持ち致しますので」
 寝室のドアを開け、ほんの少し伏し目がちに、香田を見やるメイドの外見は、イファカルよりも数年分ほど年上だが、精神的には、ずっと少女らしいものを含んでいるようだった。

 

-SF・ファンタジー・ホラー

記憶と知恵のカラマリ<全7話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話

コメントを残す

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~カーネット王国編 第5話 迫る日 (1)

幻儚奇譚<6> 金色の矢

成功商会取扱物品—001 出宝袋(前)

成功商会取扱物品—001 出宝袋(後)

妖服ルシクラージュ <布>