幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

メロディにステップ踏んで

   

夏、大学時代の友達と久しぶりに会うことになった
待ち合わせた場所は、たまたま偶然仕事関係で知った店
店内にダンスホールがあるという、ちょっと珍しい店で、少年の頃の思い出話を友達にのせられて話す僕
ガキなりに精一杯だったあのひと夏の思い出…

※文中、専門用語が出てきますが、できる限りわかりやすく登場人物に説明させています
それでも描写が読者様に正しく伝わりにくいこともあるかと思います
可能な限りお問い合わせ頂ければ対応させて頂きます

 

【同期】

 大学に入るのに一年浪人。
 希望大学へは連続落ちたものの、滑り止めに受けていた大学に辛うじてひっかかる。
 有名大学でもない大学での就職活動も困難、つくづく僕の人生はついていないと感じた青春の1ページ。
 それを共有した悪友と、久しぶりに会うことになった。
 季節は初夏、はじめて手にした夏のボーナスで親に一泊旅行をプレゼント。
 その親のいない晩に羽を伸ばそうという魂胆。
 きっと、親にはバレバレだったと、思う。

「よう、タケ!」

 夏真っ盛りにはまだ少し早く、夕方で過ごしやすい気温とはいえ、スーツにネクタイ姿で手を上げて僕を呼ぶのは、学生時代にバイトしていた上司に気に入られ、途中入社にこぎつけた運のいいヤツ、正史だ。
 なんとかっていう部品を売るのが仕事とか。
 機械にはめっぽう弱い僕はさっぱりだが、売れれば売れるだけ金になるとかで、最近は仕事優先、連絡も減ったがこういう集まりには人一倍耳がいいらしく、率先して参加してくる。

「暑くないのか、その格好」

「ああ、スーツか? 慣れだよ慣れ。そういうタケは慣れたか、今の仕事」

 痛いところをつかれて、僕は苦笑いを浮かべた。
 浪人したのは大学だけじゃない。
 実は就職浪人もしている。
 1年――転々とバイトで食いつなぎ、やっと今年の4月に正社員になれた。

「なんだっけ、派遣バイトってのをしていたんだろ? 聞くところによると、結構金いいらしいじゃん」

「そうでもない。やはり、安定収入が約束された社員とは違うよ」

「そういうものか?」

 正史は昔から形というものには拘らない。
 金になるなら、社員もバイトも変わらないという考え。
 どうしても安定を求めてしまう僕には考えられない思考だ。
 確かに、派遣バイトは金になった。
 だけど安定がない。
 派遣期限が切れて、次にまた仕事があるとは限らないから、貯蓄をしてしまう。
 切り詰める生活を余儀なくさせられる。
 しかし、いい面もあった。
 実は今の会社、一時派遣で出向いていた会社。
 面接の時、それを覚えていてくれていた人がいて、引っかかったようなもの。
 まったく、大学の時と同じで僕はいつもスレスレを生きているようなものだ。

「弘(ひろむ)は?」

 僕の問いかけに正史は、運転する仕草を見せた。

「ああ、配達?」

「そっ、それが終わって、車を家に置いてから向かうってさ。先に行ってていいみたいだぜ」

 結局大学在学中に就職先が決まらなかった弘は、継ぎたくないと散々言っていた実家の八百屋を早々に継ぐことになった。
 今継いでも、数年後継いでも変わらねぇという、父親の一言で決められたようなものだったが、今ではすっかり八百屋の若旦那として板につき始めていた。
 そういった面からも、地に足のついた社会人として僕はまだまだ新米なわけだ。
 そんな僕の提案する店で会うことになったのは、単にこのふたりに暇がなかったのと、そういう情報に疎かったからだ。
 僕はたまたま、今の職場に入って知っただけの店なんだが――

「へぇ……、中央にダンスホールって、映画の撮影セットみたいだな」

 正史には、好評のようだった。

 

-ノンジャンル