幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

妬みの歯車 #5

   

世の中は意外と狭いもの
まさか久留美の父親と夏帆の父親に面識があったとは……

そこから紐解かれていく「帆波」の実態

確信に迫った久留美が選択した道は…

 

 
 季節は秋。

 夏休みのあの日、やはりそう上手く物事が運ぶはずもなく、久留美の計画は無駄に終わり、ルリには直接オリエンテーリングの担当を手伝ってほしいと泣きつき早めの帰還を願った。

 もともとひとりを好むルリが人から頼まれ事をされる方が珍しく、南国バカンスも捨てがたかったけれど久留美の願いを優先してくれた。

 ひとりで残ってもつまらないと夏帆も一緒に戻り、結果3人で残りの夏休みを過ごしたのだった。

 2学期になると発表会に向け文科系の部活動が盛んになる。

 どこにも所属をしていない3人だが、夏帆はそのスタッフで下準備に明け暮れ、久留美とルリは去年見る事の出来なかった演劇と吹奏楽部の公演チケットを取ることに熱意を注ぐ。

 夏休みのあの日、ネットに書き込みをしたことをすっかり忘れ、3人でいるとわだかまりもなく、むしろ書き込みがなかった事がよかったかのように思えていた。

 ところがそうそう物事は都合よく動かない。

 今年の発表会には外部から招待演目というものが追加された。

 椿山夏帆が編入してきたことで、学園側から夏帆の父親に演奏の打診をしたのだ。

 娘が世話になっているのだからと、快く引き受けたみたいと夏帆が言っている。

 特別な今年に限り、保護者ひとりだけ生徒が招待することができる、それを親に伝えると久留美の方は父親が来ると言い出し、ルリの方は予定が合わず来られないと言う。

 この時、久留美の父親が来るとさえ言わなければ違う方に運命がそれたのかもしれない。

 古い教会をこの日の為に少し改装をしてピアノを入れ木の椅子の補強をする。

 近々取り壊す予定でいた教会は思っていた以上に古いが、夏帆の父親が奏でるピアノの調べはその古さも活かし素晴らしい演奏を聞かせてくれる。

 演奏し終えた時、隣で聞いていた久留美の父親が言う。

「まさか久留美と椿山の娘が同じクラスだったとは……」

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品