「 Akira 」の小説一覧

NO IMAGE

Love cannot be compelled 8

ふと目が覚めた場所は、社長室だった。
視線を動かせば、デスクで電話を掛けている信長が見える。その話している内容を聞いて、蘭は物凄い罪悪感に陥った。
自分が信長の仕事を邪魔している、そう自身で受け入れた時、蘭の気持ちが変化した…。

NO IMAGE

Love cannot be compelled 5

信長の部屋で目を覚ました蘭は、ようやく安堵の息を吐く。
仕事に信長が出かけると、好奇心に駆られて部屋の中を歩き回った。その時、リビングで写真立てを見つけそれを手に取った。
それは、信長の父が記念にと撮った、清野家の家族写真だった…。

NO IMAGE

Love cannot be compelled 3

データを意図的に消されたと分かった蘭は、誰の仕業か見当はついていた。だが、証拠が無い以上どうにもできなかった。
気だるい体を感じながらも、悟が掛けてきた電話に心配かけて悪かったなと思ったのだが、何か違和感を感じて、電話を切ってから心に変な靄が掛かった。

NO IMAGE

Love cannot be compelled 2

確かに送ったはずのデータが、真っ白だという。
ちゃんと確認して送ったはずのデータ。直ぐに対応しようと自分の保存しているデータを確認するが、保存しているはずのCDには、何も残っていなかった。
誰かが意図的に消したとしか思えない、それに…。

スポンサーリンク