「 歴史・時代 」の小説一覧

NO IMAGE

武蔵試し(完)

冷静さを失った小次郎の精神的な隙を突き一撃を見舞った熊鬼だったが、やはり「武蔵」も避けるほどの剣豪、自分を取り戻してからの動きにはまるで隙がなく、さらに、死角から跳ね上がってくる秘剣、燕返しへの対応も難しかった。

NO IMAGE

武蔵試し(中)

権六に勝ったその夜、熊鬼は荷物のように山奥まで運ばれることに。
山中、ちょうど草木が抜け落ちたような空間の中では、全国各地の宮本 武蔵の偽者が本物と目される「武蔵」らしき男の前で剣を競う「武蔵試し」が行われていた。

NO IMAGE

薔薇と毒薬 19

「あんたのために、あの男がどれだけのことをしてるのか、知らないんでしょ」 「知らないって、何を……」
そのマリエットの言葉には答えず、女はただ笑いながら言った。
「あぁ可笑しい」
マリエットは唇を噛んだ。そして立ち上がりドアを開ける。もうグレイの姿は見えなかった。

NO IMAGE

薔薇と毒薬 18

マリエットは立ち上がると、鏡の前に座った。泣きはらしたひどい顔。化粧も落ちてしまっている。念入りに白粉をはたき、紅をさした。
舞台に上ればきっと、すぐに捕らえられることになるだろうが、それならせめて、最後くらい美しくしていようと思った。
捕らえられる前に、少しでも、歌えたらいいと思った。
自分が人前で歌える最後の歌に、想いのすべてを籠めようと。

スポンサーリンク