月間ランキング

  1. 「留年!」215 views / 椿童子

    私の甥っ子、孝之が期末テストで複数科目で赤点を取ってしまい、「このままじゃ留年だぞ!」と先生から言い渡されたようです。...

  2. 「依子の本気汁 3」160 views / 井之四花 頂

    正義は我にあり。周囲の異論を押し切って、僕は文化祭に「本気汁カフェ」を出店させた。...

  3. 「甘酸っぱい思い出」142 views / 椿童子

    夜中に、ふと、あの甘酸っぱい初恋のことを思い出すことって、ないですか?...

  4. 「依子の本気汁 5 完」121 views / 井之四花 頂

    本田。物事をタダで教われるなんて思うな。自分が傷付くことなしに学べることなんて無いんだ。...

  5. 「初恋と結婚」116 views / 椿童子

    私は結婚して30年。5年前に事業で躓き、家庭もおかしくなり、今は家庭裁判所で調停中だ。...

  6. 「お見合い相手は恋人未満 序章~ニ」87 views / Nagisa

    見合い。相手の顔も名前も経歴も知ることなく望んだら、そこにいたのはかつての片思いの相手だった...

  7. 「女王様の憂鬱」78 views / 無言ダンテ

    八島百合絵という女性には秘密があった。

  8. 「依子の本気汁 4」77 views / 井之四花 頂

    僕の試みは、文化祭終了から日を置かずに世間の逆襲を受けることになった。...

  9. 「依子の本気汁 1」70 views / 井之四花 頂

    教壇に立つ僕に浴びせられた、少女の絶叫。それは、教師というより人間としての、抜き差しならない選択を迫ってきた。...

  10. 「お見合い相手は恋人未満 六~終章」62 views / Nagisa

    やっと互いの気持ちを打ち明けあい、大学時代から相思相愛だったことを知ることができた。...

  11. 「大人になった君へ」49 views / 早乙女雫

    成人式の日、樋口聡美はバイトをしていた。 (どうせ、お酒飲んで騒ぐだけだし…)と、ドライに割り切っている。でも……...

  12. 「完璧なシゴト」47 views / 田中 大也

    新谷 龍一は元ヤクザの会社社長。普段は真面目な通販会社の社長をやっているが、拭いがたい記憶と脅威を感じていた。...

  13. 「依子の本気汁 2」46 views / 井之四花 頂

    僕は生徒の「誤った理解」を改め、自分が信じる「本来の意味」を教える決意を固めていた。...

  14. 「綾乃さん 第五回 仁科智樹」46 views / 椿童子

    私は葬儀を終えて東京に戻ると、家族問題に詳しい弁護士から「様々なケースがあるから、焦らずによく話し合うべき」とアドバイスをもらった。...

  15. 「お見合い相手は恋人未満 三」44 views / Nagisa

    気乗りしないみわに壮一郎は割り切った関係を提示してきた。 互いの事業のため、自分たちが手を結ぶのは利益につながるという。...

  16. 「お見合い相手は恋人未満 四~五」42 views / Nagisa

    壮一郎の会社がおろしているお酒に手が加えられるという事件が発覚して――...

  17. 「蛍」41 views / 椿童子

    私は小澤直之、45歳で営業の最前線で頑張っていると自負しておりますが、ホタルが苦手です。 これまで人には話したことはありませんが、その訳をあなただけに教えます。内緒ですよ。 それは今から30年程前...

  18. 「残念女子は、それでも恋を諦めない 1」28 views / 柴田 花蓮

    恋愛に対して奥手・苦手な小笠原結愛。そんな彼女が、急きょイケメンの双子と同棲することになった!?...

  19. 「アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第14話「見上げた星に集う光」」27 views / 伊崎

    キールは、見抜いていた。エリザの抱く孤独を。「この子なら、私を責めてくれるだろうか」...

  20. 「大切な人」26 views / 椿童子

    慣れない一人暮らし戸惑っている時、隣に引っ越してきたのが、自称「保険のおばちゃん」山下澄子さんでした。...

  21. 「ユニフォーム・バリュー」26 views / 田中 大也

    西崎 和博は二十五歳。大学まで野球をやっていたが、腰と肩を壊して辞めてしまい、今ではフリーター生活である。...

  22. 「アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第13話「守るべきもの」」25 views / 伊崎

    「兄と引き離されて、生きることも全て諦めようとしていた私をね、守ってくれた人がいるの」...

  23. 「明智光秀」25 views / 井之四花 頂

    身の程もわきまえず、ようもこの信長を討つ気になったものよ。だがこの首は渡さぬ。...

  24. 「幸子 第六回 平成24年夏 終章」24 views / 椿童子

    平成24年夏、幸子が旅立ってから半年後、私は墓参りに弘前を訪れた。 幸子の子、幸一と由美が温かく迎えてくれ、幸子が過ごした家で幸一、由美の家族と食事を共にした。...

  25. 「幸子 第三回 育む愛(20歳〜26歳)」24 views / 椿童子

    昭和51年4月、私は静岡県の医科大学に進学し、東京にいる幸子とは手紙の交換による遠距離恋愛がスタートした。互いに大学生活のこと、将来のことなどを語り合い、互いの気持ちを確かめ、双方の両親に紹介し、将来...

  26. 「モモヨ文具店 開店中 〜名入れ承ります〜」21 views / 三日月 理音

    日の出県月世野町二丁目。県道十二号に面した場所にあるモモヨ文具店。 店主の福永百代(ふくなが ももよ)さんが経営するのは、先代から受け継いだ六坪ほどのお店。 今回は引き戸に張られた【鉛筆一本より無...

  27. 「透明の世界 4話「深雪ちゃんは傍観者(1)」」20 views / 伊崎

    ――――深雪ちゃんは、私の不幸を傍観している。

  28. 「St.Valentine」20 views / 橙木彼方

    とある街にある小さな喫茶店「猫じゃらし」ではバレンタインの時期になると男性客にチョコレートが配られる。...

  29. 「俺ジットカード社会」20 views / 田中 大也

    篠原 秀子は、常連の砂川に誘われる形でレストランに来ていた。砂川は好きなタイプではないが、超高級店に連れていってくれるというので乗ったのだ。...

  30. 「モモヨ文具店 開店中 ~【かふぇ みょうが】と姉妹の話~」19 views / 三日月 理音

    今回は私の夫、明賀 タカアキさんのお話。 タカが経営する【かふぇ みょうが】で、流れ者の親子の噂が出てるんですって。...

  31. 「見習い探偵と呼ばないで! Season19-4」19 views / 時御 翔

    御影たちは政木警部と警視庁の応接室で密談をはじめた。水桐は敵意むきだしに政木警部の言葉に反発していた。...

  32. 「綾乃さん 第四回 遺書」18 views / 椿童子

    私は約束通り通夜の前日に四国の茜病院に佐藤さんを訪ねた。 そこで手渡された綾乃さんからの手紙にはお世話なった者への感謝と共に、彼女の息子、智樹さんへの気持ちが切々と綴られていた。...

  33. 「見習い探偵と呼ばないで! Season19-1」18 views / 時御 翔

    警視庁内で不穏な金の動きがあると、後部警視正からの依頼だった。断わりようがない状況に氷室は二重の依頼を一人で受けてしまった。...

  34. 「輪廻転生ヒーロー 第2話「たとえ君が忘れても」」18 views / 伊崎

    ――災悪の降り注いだ世界を救い、<英雄の少女>人峰灯火はその後、少年の前から姿を消した――...

  35. 「幸子 第二回 夢に向かっていた頃(15歳〜19歳)」17 views / 椿童子

    私、関口誠一は昭和47年4月に高校に入学し、そこで澤田幸子(旧姓今井)と出会った。男子は飯田君、三沢君、女子は橋本さん、木村さんと「仲良し6人組」を結成し、私たちはそれぞれが将来の夢に向かって真っすぐ...

  36. 「お仕事です! 第2章:樋渡和馬VS 夜明けの逃亡者-1」17 views / 柴田 花蓮

    面接される側だった僕が、面接する側になる――それだけでも刺激のある毎日だと思っていたけれど、面接希望でやってくる人々は十人十色・百戦錬磨の強者ばかり!?...

  37. 「縁は異なもの、味なもの(前)」16 views / 柴田 花蓮

    不思議な縁を感じながらのとある観光地巡りのお話。前後編です。

  38. 「幸福な月夜:Fly Me to the Moon/後編」16 views / 塩分控えめ

    迷った末に参加した送別会。楽しい食事の帰り道、満月の照らす裏道で、一行は物騒な事件に巻き込まれて…...

  39. 「縁は異なもの、味なもの(後)」15 views / 柴田 花蓮

    不思議な縁を感じながらのとある観光地巡りのお話。後編です。

  40. 「tripper!」15 views / はにぃ・ぶぎー

    いきなり現れた、不躾な男。 紗菜依にとって、洸はその程度の存在だった。・・・・その、筈なのに。...

  41. 「舟歌」15 views / 天ヶ屋アヅロー

    男性客からの提案でピアノを弾くことになった諒。 曲目選択を全面的に男性客に任せるというとんだ恐ろしいことをやってのけて、男性客が諒に持ち掛けた曲はショパンの舟歌かドビュッシーの喜びの島だった。 諒...

  42. 「幸子 第一回 思いがけない再会」14 views / 椿童子

    私、関口誠一は都内の病院で院長を務めている。 今年も幸子からリンゴが届いた。 同封の手紙には初孫が生まれたことなど、うれしい知らせのほかには、腰を痛めたと健康面での不安なことも書いてあった。...

  43. 「透明の世界 1話「時刻少女」」14 views / 伊崎

    ――――少女は刻む。大切な人の時間を。

  44. 「tripper!」14 views / はにぃ・ぶぎー

    「のーふぇいすのうず?何それ」 「アンタね・・・・それくらい知っときなさいよ」...

  45. 「エリカの花言葉 第2話 ヘンルーダ《軽蔑》 2」14 views / 堀切 政人

    堀北中学校に入学して三ヶ月が経つと、弘行は不良気質であることから、級友と馴染めずに学校へ来なくなっていた。...

  46. 「月夜と黒猫」14 views / 文月 なつな

    3年付き合った彼に二股をかけられ、別れたばかりの奈美子は、友人たちに慰められ、月夜の初夏の公園で黒猫に出会う。 次の日、起きると黒猫はそこにいた。 しかしいたのは黒猫だけでは無く、料理好きで、キッ...

  47. 「不思議なオカルト研究部 第六話 迷子霊 後編」14 views / 夢月亭清修

    店を出て、石動と別れて直也が思い出したのは、とあるバーの存在である。 『occultism(オカルティズム)』...

  48. 「家族の肖像(6)~青春篇~」14 views / 文月 なつな

    遥の胸の内を知る利久であったが、利久もまた菜々美の素を好いていた。「告白しようと思う」そう利久に言われ遥は戸惑いを隠しきれなかった。...

  49. 「アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第15話「お伽噺」」14 views / 伊崎

    「――――天使の少女は、姫君であった。」

  50. 「モモヨ文具店 開店中 〜モモヨ文具店と小鬼の話〜」13 views / 三日月 理音

    うちの店、ネットでは万年筆を取り扱ってるんだけど、実店舗では扱ってないの。 それはわたしの父・栄治が「鬼が出るぞ」って言ってたからなんだけど……...

 
スポンサーリンク

フォローする