幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

週間ランキング

  1. 「須磨子 第二話:不倫」65 views / 椿童子

    夫や娘を裏切る、そんな後ろめたい気持ちを抱きながらも、約束の場所に出掛けた須磨子は彼との密会を重ねていく。...

  2. 「須磨子 最終話 一番大切なもの」58 views / 椿童子

    「午後2時。」と言われれば、ホテルに出掛け、抱かれる。須磨子はそれに溺れる自分が怖くなっていた。...

  3. 「須磨子 第一話:苦い思い出」37 views / 椿童子

    水田須磨子は高校の美術教師の夫、娘の静かに暮らしているが、夫からもらった入場券で美術展に出掛けた際、大学時代の恋人、金井と偶然再会した。...

  4. 「生克五霊獣-改-20」34 views / 榊音

    蜃の一目惚れの相手お蝶は、藤緒の残した子であり葛葉の妹であった。

  5. 「生克五霊獣-改-21」29 views / 榊音

    次第に仲が深まる蜃とお蝶ではあったが、その心の動きは何処か違っていた。...

  6. 「君がいない世界なら、僕は生きていけない・12」24 views / 時御 翔

    俺は愕然となった。沙良が生き残ったというのに、まさかその代わりの犠牲者が…...

  7. 「怪盗プラチナ仮面 34」18 views / 井之四花 頂

    継承者を確保した今は、裁きを待ち受けるだけだ。一緒に死ぬと誓ったお前が、すべてを終わらせてくれる。...

  8. 「オクターヴ上げて奏でる[1] ポロネーズ」18 views / 堀切 政人

    1990年代、東京。 奏子に興味が無かった彰だが、彼女が弾くピアノ≪英雄ポロネーズ≫を聴くと、ピアノを弾いている奏子に心惹かれ始めた。...

  9. 「ポスティング・ポスト(前)」17 views / 田中 大也

    簡単なプラスチック製品を作る工場の技術部長である野口は、佐野社長の愚痴を聞き続けるハメに陥っていた。...

  10. 「君がいない世界なら、僕は生きていけない・11」17 views / 時御 翔

    事態も終息したように俺は思った。これで未来に戻れば白咲が引き起こした悲劇は起きないだろう──...

  11. 「なな★しき ~次元管理員 七尾と志紀子~ 第17章 過去が変わらないなら」17 views / 万里ちひろ

    「宮小路志紀子くん。君に、次元管理機構へのさらなる協力を要請する」

  12. 「怪盗プラチナ仮面 35」15 views / 井之四花 頂

    「マダガスカルの奇跡」奪取に向け、吾輩は部下たちに最後の指示を出した。...

  13. 「オクターヴ上げて奏でる[2] 悲愴」14 views / 堀切 政人

    彰からの告白を受けた奏子は、過去の出来事を思い出して素直に受け止めることができなかったが、自分が恋愛対象に見られていると思ううちに、彰を男性として意識しだす。...

  14. 「ハヤブサ王 第2章 〜大和騒乱(1)」13 views / 早乙女雫

    そのころ、母親を亡くしたワケノミコは、メトリノヒメミコといけない遊びに興じていた…。 古代日本王朝絵巻第2章の幕が開ける!...

  15. 「エリカの花言葉 最終話 シオン《追憶~君を忘れない》 1」13 views / 堀切 政人

    弘行の罪を軽くするための嘆願書を提出しようと案が出る。それを合唱祭にて訴え掛け署名を集めようと動き始めた。...

  16. 「エリカの花言葉 最終話 シオン《追憶~君を忘れない》 3」13 views / 堀切 政人

    さようならは言いません、また会いたいから。 だから、ありがとう。

  17. 「オクターヴ上げて奏でる[6] きらきら星」12 views / 堀切 政人

    彰は、過去の性体験について問いただしても素直に答えない奏子に失望する。...

  18. 「君がいない世界なら、僕は生きていけない・10」11 views / 時御 翔

    ある一室の襖を開くと白咲のショルダーバッグがあった。そこに階下から、ガチャッと音がした。...

  19. 「モモヨ文具店 開店中 ~日付スタンプを使っての琉華の覚え書き~」11 views / 三日月 理音

    覚え書き故に、文字の羅列が並ぶ文面は行頭下げも空白もない。あるのはただ、琉華の心情吐露である。彼女がなにを感じ、なにを思ったか。それを知りたければ読まれたし。...

  20. 「エリカの花言葉 第2話 ヘンルーダ《軽蔑》 3」11 views / 堀切 政人

    堀北中学校に入学して三ヶ月が経つと、弘行は不良気質であることから、級友と馴染めずに学校へ来なくなっていた。...

投稿日:2016年10月7日 更新日:

執筆者: