幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

幻想 / 夢幻

幻影草双紙56〜祖国を防衛せよ〜

   

 皇国の興廃、此の一戦に在り。
 各員、一層奮励努力せよ。

 

 永禄11年のことである。
 織田信長は、足利義昭を奉じて上洛し、京都の混乱を平定した。
 足利義昭は第15代将軍になったのである。
 これで一件落着ではある。
 だが、まだまだ、天下布武への道は遠い。
 やるべきことは、沢山ある。
 その日、織田信長は、忙中の閑を得て、本能寺で開かれた連歌の会に出ていた。
 さよう、あの本能寺である。
 しかし、未来の事が分かるはずはない。
 今の織田信長にとっては、京都の一つの寺、でしかなかった。
 連歌が終った後、織田信長は、寝所で地球儀を見ていた。
 地球儀を見ていると、さまざまな野望が湧いてくるのだ。
 そこに、声がかかった。
「殿」
「何だ?」
「ぜひ、お目にかかりたい、と申す者が参っております」
 平凡な人間なら、寝る前に面会とは失礼だ、と怒るであろう。
 だが、織田信長は、当たり前のように、言った。
「通せ」
 入ってきたのは、織田信長と同年配の男である。
 野望で、眼が輝いている。
 だがその野望は、織田信長のそれとは違うようであった。
 男は、丁寧に挨拶をした。
「土御門無間と申します」
「土御門? 陰陽師か?」
「さようでございます。殿様におかれましては、今度の上洛の件、まことに……」
「余計な事は、よい。用件は何だ」
「されば、キリスト教にござります」
「キリスト教?」
「昨今のキリスト教の繁栄、如何、思われますや」
「む……」
 織田信長は、この男、いいところを突く、と思った。
 織田信長は、新し物好き、である。
 南蛮人と貿易をして、西欧の珍しい文物を盛んに取り入れていた。
 もっともっと、西欧の事を知りたい――。
 いずれは、西欧まで征服してやる――。
 しかし、南蛮人との交流では、必ずキリスト教が問題になる。
 南蛮人は、貿易の交換に、キリスト教の普及を要求するのである。
 そして、宗教の問題が難しいことを、織田信長は、いやというほど知っていた。
 ただ今現在ですら、仏教各派と緊張状態にあるのだ。
 そこに西欧のキリスト教が加わったら、どうなるであろう。
 もちろん、織田信長の辞書に、〈弱気〉という言葉はない。
 彼なりに、戦略は、考えていた。
 キリスト教の侵略を、断固として食い止めてやる。
 織田信長は、土御門無間に答えた。
「策は、考えてある」
「さようでございましょう。しかし、敵が、殿様がお考えになっているのと、違っていては、策も変えねばなりません」
「どういうことだ?」
「これまでは、南蛮人は、貿易を餌にしての懐柔で、キリスト教を広めてきました」
「敵に対する常套手段じゃ」
「しかし、敵が、大軍で一気押しをして来るとするならば、如何いたしますか?」
「ふむう……、敵も、ついに、そこまでの決心をしたか。それなら、こちらも策を変えねばなるまい」
「さようでございます」
「だが、大軍での一気押し……、何故それが分かった?」
「常日頃から、陰陽で、我が国の安寧を見守っております。昨日の易で、キリスト教の大軍がやってくる、と分かったのでございます」
「分かった。そして、お前なら、それを撃退できる、と言うのだな」
 土御門無間は、断固とした決意を顔に出して、答えた。
「御意」
「よし、お前に任せる。この事、猿に言っておく。あやつから、必要なだけ、軍資金を受け取るがよい」

 

-幻想 / 夢幻

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品