幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ゴシック・ホラー

サクリファイス クロニクル編12

   

 全てを受け入れられざる負えなくなったシャルルは、クレメンティーナの提案で長き眠りに付くことを決める。
 そして、シャルルの15世紀での壮絶な話は幕を閉じるのであった。

 サクリファイスと呼ばれる怪物を描いたゴシックダークファンタジー!

 次回より、18世紀に突入!

 

 僕が目を覚ましたそこは、灰の上だった。
 ナイフで切った筈の髪は長さを取り戻し、服は着ていなかった。酷い空腹と喉の渇きが、僕自身が死の底から蘇って来た事を物語っていた。
 僕が灰の上で立ち上がると、足元が崩れ、上から焼け焦げた髑髏が幾つか転がってきた。カサンドラだろうか、シンディだろうか、もう解らない。乾いた風が僕の金髪を摺り抜け、揺らした。
 僕は、ゾンビのようによろよろとその場を後にした。路地を曲がった先で、軒先に干してあった服を盗み、着た。それは大きかったけれど、裸のままより良い。
 何か、食べたい。今は、それだけだった。
「姉ちゃん、男装かい?」
 酔っ払った男が、ワインを片手にケラケラと僕を指差し、笑った。僕はその男に近付くと、ワインをくれと手を伸ばした。男は言った。
「姉ちゃんが、相手してくれるなら、いくらでもやるよ」
 僕は頷き、男のワインを奪うように取ると、ワインを一気に飲み干した。少し落ち着いたところで、僕は、手にしたワイン瓶で男の頭を殴りつけ、男が倒れたところでその男の動脈に噛み付いた。ヴァンパイアの様に牙でもあれば楽だったかも知れないけれど、僕の歯に生憎その様な便利なモノは無く、肉を食いちぎる事を余儀なくされた。そのせいで、服は男の血で染まり、顔も血でべっとりと染まった。おぞましい、化物が人を喰らう姿だったに違いない。
 男の血を啜っていると、心臓が二つある様な感覚に囚われた。それが、特殊能力の目覚めだったのだ。眼は鋭くなり、どんなに遥か先でも見通せる気がした。鼻は敏感になり、少し前の人間の通った痕跡すら解る気がした。そして、少し力を入れただけで、男の身体の骨は小枝よろしく簡単に折れた。
 エイハブを探そう。そう思い、僕はエイハブの臭いの痕跡を辿って走った。馬の何十倍ものスピードで、街中を駆け抜けた。

*****

 

-ゴシック・ホラー

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品

サクリファイス クロニクル編5

サクリファイス クロニクル編11

サクリファイス クロニクル編23

サクリファイスⅡ 完結編8

サクリファイスⅡ 完結編11