幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

幻想 / 夢幻

幻影草双紙75〜饅頭怖い〜

   

 故桂米朝へのオマージュです。

 

 
 私が怖いと思うものですか、さあ、思いつきませんな。
 ずっとこの稼業をやってきて、死ぬことだって平気だと思っていました。
 だから、怖いものなんてありませんよ。
 あなた、怪訝な顔をしてなさる。
 どんなに大ボラ吹いているヤクザでも、本音は違う――。
 本音を言えば死ぬのは怖いにきまっている――。
 いままで取材してきた人たちはみんなそうだった――。
 そんな顔ですな。
 でも、あたしは違う。
 いやいや虚勢じゃありませんよ。
 こんな老いぼれた年寄りが、いまさら虚勢を張ってどうなります。
 もうとっくに組も解散したし、恰好をつける必要なんか、ありませんよ。

 そりゃ、こんな人生でよかったのか、という後悔はありますがね。
 でも、怖いことはなかったですな。
 私が死ぬのを恐れないのは、そう、時代のせいでしょうかね。
 あと数年早く生まれていたら、特攻隊で死んでいた世代ですよ。
 お国のために命を捨てるのは当然だと信じていましたね。
 そういう教育を受けたんですよ。
 ごらんのように、昔から体格に自信はあったし、勉強だって出来ましたよ。
 予科練に入って飛行機乗りになり、さんざん敵をやっつける――。
 最後はアメ公と差し違えてやるんだって燃えていましたね。
 死ぬことが怖いなんて、これっぽっちも思わないですよ。

 

-幻想 / 夢幻

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品