幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ゴシック・ホラー

サクリファイス㈼ 完結編12

   

復活したクレメンティーナから、錬金薬誕生の秘密が明らかにされる!!

オカルトファンタジー第二弾!

 

「一度、私の身体を迎えに戻りましょう。その後、シャルルと相談して、また出直すの。ここで考えていても、始まらないわ。シンディと言ったわね、私の身体に案内して頂戴」
 クレメンティーナに言われ、シンディは頷いた。
 一旦、カフェのロザリーナの元へと戻った。シャルルのプネウマである蝶はひらひらと舞い、ロザリーナの髪に止まった。
「シャルル、どうだった?」
 シャルルの身体であるクレメンティーナが、前に出た。
「ロザリーナ、お久しぶりね。随分、外の世界は変わってしまったようね。教えて貰わないと」
 クレメンティーナは、周りを見渡した。簡易な服装に、男女が自由に手を繋ぐ。そして、鉄の乗り物はとてつもなく速く過ぎ去っていく。馬なんて、どこにも居なかった。
「あれから、二百年が過ぎました」
 目を丸くして、ロザリーナが立ち上がった。
「技術の発展は著しく、人類の進化に大きく影響を与えました。大きな戦争が何度も繰り返され、人々は戦争に対する考えを変えました。今は、退屈な程に平和なんです」
 クレメンティーナが、笑って見せた。
「ロザリーナは、どう思いますか? アーロンは、このまま眠りにつくべきだと、そう感じますか?」
 クレメンティーナは、意外な事を口にした。
「錬金術の副作用は、止める必要があると私は思っています。その為に、貴女達二人を捜した。けれど、正直に言いましょう。アーロンにとっては、つまらなく虚しい世の中になってしまったと」
 クレメンティーナの表情に、少しだけ笑みが生まれた。そして、彼女は間を置いてから口を開いた。
「私の知っている全てを、話します。ここではなく、何処かゆっくり話せる場所へ」
 ロザリーナは頷き、ホテルへと案内した。
 ホテルに着くと、シャルルもクレメンティーナも、自らの身体へと戻った。そして、二人抱き合って再会を喜んだ。
「シャルル、服が汚れてるわ」
 感動の再会の間を縫って、シンディが蒼い顔で声を出した。
「ああ。洞窟で、人間避けのトラップがあったんだよ。とっくに再生してるから、忘れてた」
 シャルルはその場でシャツを脱いだ。
「シャルル。レディの前よ」
 ロザリーナが、咎めた。
「シャルルは、相変わらずね」
 クレメンティーナが笑った。
「あのう、クレメンティーナさんは、あのお話に出ていた?」
 シャルルが頷いた。
「そう。僕の母で、プロメテウスの火だ」
「シャルル、その呼び名は嫌いよ。貴女こそ、何故私達を?」
「彼女は、かつてのカサンドラ隊の生け贄なんだ。僕と共に焼かれ、エイハブの罠で処刑された。でも、今は違う。彼女は一人の女性であり、錬金術の副作用の輪の中にいる。なんとか、この運命を終わらせたいと思っているんだ」
 ロザリーナが、補足した。
「平和な世の中だから」
「彼女は、まだ人間なのかしら?」
 シャルルが、頷いた。
「人間は、人間として生きるのが、幸せよ。何にも縛られる事なくね」
「そんな! 死の恐怖、病の恐怖に晒されないなんて、素晴らしい事ではないんですか? それに、何より老いることがないなんて」
 クレメンティーナは、笑った。
「誰でも、そう思うわ。永遠を手にするまではね」
 そして、クレメンティーナは一息吐いた。
「さあ、私の話をしましょう」
 と。
 彼女の話もまた、壮絶であった。

*****

 

-ゴシック・ホラー

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品

サクリファイス クロニクル編24

サクリファイス クロニクル編12

サクリファイス クロニクル編14

サクリファイス クロニクル編9

サクリファイスⅡ 完結編8