幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ショート・ショート

思い出、の味。

   

誰だって青春時代に輝いていた記憶や思い出があるだろう。
何十年も経ってその宝箱を開けることは素敵かもしれない。
でも、
たった五、六年やそこらで開けてしまうと、場合によっては出血を伴うこともあるのだ。

 

誰だって青春時代に輝いていた記憶や思い出があるだろう。
何十年も経ってその宝箱を開けることは素敵かもしれない。
でも、
たった五、六年やそこらで開けてしまうと、場合によっては出血を伴うこともある。

高校の時の友達が死んだと聞いた。
とくにショックを受けた、という感覚はない。
ともだちがこの時既に、「友人」になっていたこともあるし、
二十代の半ばともなれば色々と仕事で忙しい。
正直、余計な用事が増えたな。
と、思った。
とはいえ、全く悲しい訳ではない。
友人の葬儀にも駆けつけられない奴、と思われるのは少し悲しい。

 

-ショート・ショート

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第8話「運命の瞬間」

   2018/09/18

鈴子 第十六回 臥薪嘗胆

   2018/09/14

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】4

   2018/09/13

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】3

   2018/09/11

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第7話「セリオ・フィズライト」

   2018/09/10