幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

現代ドラマ

第二話 三流先生、三文ライターになる!

   

ライター事務所・クラウドバスターズで働くことになった三流先生。
初仕事として、三流先生は3つのライティング案件の記事を担当することになった。
しかし、先生、実力はまだまだ三流。されど、先生、三流なりに奮闘するようだ。
先生の初仕事は、いかなる評価を得るのだろうか?

 

 ブラック企業バッドウィルからの死闘が明けて、翌日……。
 主人公・三家流作は、さっそくクラウドバスターズ(三竹の事務所)で働くことになった。
 一応、面倒な契約書だのなんだのの書類に目を通し、ハンコを押し、提出。
 あとは、初仕事が何になるのか、とワクワクしていた。

 契約後、翌朝……。

『三流先生へ。ウェブサイトに出ている君宛の記事を全て書いて埋めよ。納品日は今日から三日後が終わるまで。三竹所長より』

 おー、お仕事、来ましたー!
 ……メールで。

 実は、クラウドバスターズとは、ウェブ企業であった。
 ウェブシステムを使ったクラウドソーシングのライター事務所なのだ。
 一般的にウェブライターと呼ばれているライターたちがここで働いている。

 

-現代ドラマ

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品