幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブコメ

恋シミュごっこ<後編>

   

─ 5 ─

 

 はああ…………。
 後味の悪いゲームだった。

 もうこのプレイヤーでこのエリアでプレイするのは、これっきりにしよう。
 新しいキャラを作って、別のシナリオに課金しに行こう。
 俺は「秋村葉」というキャラを削除した。

 俺が今、プレイしているゲームの名前は、「恋シミュごっこ」。要するに、オンラインゲームの恋愛シミュレーションだ。
「秋村葉」という俺だった存在は架空のもの。「メイコ」と「リョウジロウ」という存在も同じく架空のもの。誰が彼らになってプレイしているのかまでは知らないが。

 秋葉原もメイド喫茶もゲームセンターも現実のものを真似て作り込まれているけれど、この舞台設定だって全て架空のものだ。

 現実の自分ではない架空の誰かに成りきって、「ごっこ遊び」をするのは、とても楽しい。現実の俺は、冴えない中年でフリーターのネットゲーマーだが、ひとたび、「恋シミュごっこ」にログインをすれば、いつでも変身ができる。先ほどの「秋村葉」みたいな修羅場の恋愛だって経験できるし、あれとは正反対のモテモテでラブラブの恋愛だって経験できてしまう。

 さて、次のゲームに取り掛かるか……。
 
 

〈終わり〉

 

-ラブコメ

シリーズリンク

恋シミュごっこ 第1話第2話

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品