幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

大切な人

   2016年11月18日  

 
~エピソード1~
 

「飯田、合コンに付き合えよ。」

大学も2ケ月経てば、私のような者でも合コンに誘ってくれるものです。

同じクラスの有志で女子大と合コンをすることになり、私にも声が掛かりました。

「おい、決めようぜ。相手は可愛い子ばかりだ。」
「俺は左端だな。」
「バカ野郎、あれは俺だ。」
「実力で勝負だ。」

クラスメートはそんなことを言いながらも、合コンが始まれば、和気あいあい、気楽に女の子たちと楽しく過ごし、終われば、いつの間にか何組かはカップルが出来ていました。

「どうしたの、赤い顔をして?」
「あっ、山下さん。」

合コンの帰り、電車を降りて駅を出たところで山下澄子さんに声を掛けられました。

「やめてよ、“山下さん”なんて。よそよそしいわよ。お隣さんでしょう、“澄子”でいいわよ。」

澄子さんは少し酔っているようで、ご機嫌そうでした。

「澄子さんは今お帰りですか?」
「うん、お客さんとの飲み会よ。君は?」
「へへ、合コン。」
「何が『合コン』よ。一人で帰って来るってことは振られた証拠。しっかりしなさいよ。」

私は背中を思いっきり叩かれてしまいました。
 

 

-ハートフル
-, ,

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

おすすめ作品

モモヨ文具店 開店中<30> 〜三者三様〜

即断即決

沖の瀬 (7)

モモヨ文具店 開店中<13> 〜モモヨさんとシャープペン戦争〜

男子会⑤