幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

現代ドラマ

ダストドール第12話VSサイコ

   

世は再びプロレスブーム。

ついに、ついに凡内と坂がリングで激突。いつもの調子が出ない凡内に、細岡がレスラー人生をかけてまでしても渡したかったものとは…。

 

「ただの客寄せ半マスクと芸能人の対決だ。好きにしてくれ」

龍日本サイドから報告を受けた凡内はそう言った。坂は入場の際、ステージで一曲歌い、そのまま花道を行き、ドーム中央のリングに向かうことになっていた。

「はいはい。お客様がいっぱい来ますよーに。じゃぁ頑張って盛り上げてね」

凡内はそう言うと、練習に戻った。凡内はいつも以上に練習に打ち込む。試合までの時間をこれほど長く感じたことはなく、時間よ早く過ぎ去れと言わんばかりに、凡内はサンドバッグを叩き続けた。
一方細岡は、足の回復に専念。歯をくいしばることを何度も止めながら、感情を無にすることを試みていた。

ついにあの二人が激突。プロレスファン、坂ファンがドームに集う。チケットは販売開始数分後に完売。そして、ゴールデンタイムでの生放送。視聴率は四十%を超えると予想され、プロレス界で最も注目された戦いが繰り広げられようとしていた。

 

-現代ドラマ

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

おすすめ作品