幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

現代ドラマ

家元 第五部 和義と琴乃(前編)

   

 
「うちが行ったら佐知代はんに迷惑や。」
「そんなことはないよ。鏡さんもお前に見てもらいたいと言っとったぞ。」
「佐知代はんが?」
「そうだよ。お前が気を遣って見に来ない方がいやだって。先日も『必ず連れて来て下さい。』って頼まれた。」

社交辞令もあるだろうが、鏡佐知代がそう言ってくれるのならばと、志乃は夫について「鏡舞踊教室」に出掛けて行った。

 

-現代ドラマ
-, , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品