幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

ある再婚

   

 
「痛むかい?」
「もう大丈夫。」

静かな車内。ヒーターが効いて暖かい。

「考えてくれないか?」
「え?」
「一緒に暮らすこと。」

小声だが、孝雄ははっきりと言った。

「今すぐとは言わない。明美ちゃんの気持ちもあるだろうから、返事はゆっくりでいい。」
「・・・」

送り迎えを断った時、それで終わりだと思っていた。だが、彼はそうではなかった。
 
  私だって終わりたくない・・

由美子のマンションが見えてきた。

「あ、あの、このままA町まで行って下さい。」

A町にはラブホテルがある。

孝雄は驚いたが、直ぐに由美子の手をぎゅっと握ってきた。

***

「私、久し振りだから・・」

ラブホテルでベッドに押し倒された時、由美子は震えていた。

もう45歳。前の夫とはいろいろあったから、7年くらいしていない。生理的にできないんじゃないかと、ものすごく不安だった。

しかし、孝雄に抱かれ、キスされると、不思議に気持ちが落ち着き、震えは止まっていた。秘部が潤っていくのが分る。

「由美子・・」
「あなた、あなた、好き、好きよ・・」

肌が合わさり、感じる温もり。心も体も燃え上がっていた。下着を取られると、恥かしいくらいに濡れていた。

「ああ、いい、ああ、ああ・・」

乳房を揉まれると、自然に声が出る。こんな気持ち、いつ以来だろう・・

最後に孝雄の硬くなったものが秘部に入ってきた時、もう絶対に離れたくないと思った。

 

-ハートフル
-, , ,

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

おすすめ作品

男子会⑤

モモヨ文具店 開店中<5> 〜定規マン〜

家族の肖像(6)~青春篇~

男子会①

迷い人に孫の手を<7>