幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇ロマン

怪盗プラチナ仮面 34

   

 継承者を確保した今は、裁きを待ち受けるだけだ。一緒に死ぬと誓ったお前が、すべてを終わらせてくれる。

 

 

ウィーン

 

 1900年11月、吾輩の知らぬうちにパリ国際博は終幕を迎えた。それぞれの国民は国境の内側に戻り、人類の理想とはかけ離れた現実と再び格闘を始めていた。それは吾輩も同様だった。

 夜毎、シャルロッテの胸に耳を当てれば悲痛な呻きが伝わり、吾輩を次なる行動へと急き立てるのだ。

 ──お父様に良かれと思う道を私は選んで、遠い海の彼方にやってまいりました。なのに私は今、この部屋に一人で閉じ込められております。なぜお父様は助けに来てくれないのですか?
 

 1901年4月、吾輩はフランクフルトのミュラー=フリーゼル本社とドイツ刑事警察宛てに予告状を送った。
 

 フランクフルト市参事会員にして女衒ぜげんの元締めであられるオットー・ミュラーどの!

 この数年、各方面にて目覚ましい事業のご発展ぶりはまことに祝着! わけても大西洋をまたいだ合弁事業の躍進たるや、20世紀社会を牽引せぬばかりの大変な勢いと承っておる。されどそのご発展は、無情な歯車の下に挽き潰されていった名もなく貧しき人々の血肉を以て成し遂げられたものである。

 わずかな花代なりとも彼ら、彼女らの墓前に捧げるお考えはござらぬのだろうか? さすれば不肖この吾輩が、かの者たちの遺志に報いるべく、責任を持って未来への供え物といたすことを確約する。

 ドイツ銀行支店の金庫に、貴社の資産として200万マルク相当の金塊が預託されていると聞き及んでいる。本予告状が届いてより10日以内に、上記資産を申し受ける。これは当方に臨御せられたるクロアチアの女王、シャルロッテ陛下の御内意でもあることも申し添えておく!

 以上、主の御名に誓って偽ること無し。
 

プラチナ仮面

 

 

-伝奇ロマン
-, , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品