幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-21

   

 次第に仲が深まる蜃とお蝶ではあったが、その心の動きは何処か違っていた。

 時代伝奇ストーリー!

 

「兄さん、随分お蝶さんと親しげに話すね」
 下品な雰囲気の、侍風の若い男が蜃に話し掛けてきた。
「そう見えますか? 他と変わらぬ世間話のつもりでしたが、そう見えたのならよっぽど相手にされてらっしゃらないので?」
 男が蜃の胸ぐらを掴み、引き寄せた。
「なんだと、このガキ!」
「いい歳した男のヤキモチは、みっともないかと」
 直後、男は蜃に殴り掛かったつもりだったが、気付くと店の外で目を覚ましていた。何があったのかはわからないが、空にはぼんやり月が見えた。男の全身を、訳の分からない恐怖が駆け巡り、男は声にならない悲鳴を上げながら、すたこら立ち去った。
 何があったのか。殴られると察した蜃は、咄嗟にそれを交わすと先に男のうなじに衝撃を与え、男の意識を飛ばすと、店の外に引きずり出してしまった。あまりの手際の良さに、蜃をからかおうと思っていた客達も萎えて、黙って食事に戻ったのだった。
 それを側で見ていたのは、急いで酒を運んできたお蝶であった。
「蜃様、とても武芸に秀でていらっしゃるのですね」
「騒ぎにするつもりはないのだ。すまない」
 お蝶は机に酒を置くと、蜃の為にお猪口に酒を注いだ。
「いえいえ。このところ、よくあるんですよ。こういう騒ぎ。お店が忙しくなって良かったと思ったのに」
 蜃は、ちらりと周りを見渡した。確かに、来ているのは男ばかりだ。そして、先程の男のように、柄の悪そうな連中も度々多い。
「あーあ、蜃様のような用心棒いないかしら」
 蜃は思わず、酒を吹いた。それが可笑しかったのか、お蝶はくすくす笑い始めた。
「冗談ですよ。では、ごゆっくり」
 どういう意味なのだろうか、やはりそういう意味なのだろうか。女の子にモテない筈はないのだ、やっぱりそういう意味かもしれないと蜃の脳味噌が脳内会議を始める。蜃も年頃の男なのだ。最終的には抱きたいという本能的な部分に到達すると、まだ未熟な身体が強ばる。
 次第にお蝶を見るたび、どきどきが止まらなくなるような気がしてならないのだ。
「……今日は、帰るよ」
 半刻半もいなかったかもしれない。
 お蝶は、少し心配になった。
「どうされました? 顔色も少々悪い気がしますよ」
「大丈夫、少し用を思い出しただけだから。また来るよ」

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第8話「運命の瞬間」

   2018/09/18

鈴子 第十六回 臥薪嘗胆

   2018/09/14

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】4

   2018/09/13

探偵の眼・御影解宗の推理【サンライズ出雲・Life Game】3

   2018/09/11

アストラジルド~亡国を継ぐ者~レッドラット編 第7話「セリオ・フィズライト」

   2018/09/10