幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-24

   

 蜃は一人、葛葉の元へと向かった。そこで葛葉の本音を聞くのだった。

 時代伝奇ストーリー!

 

 慌てて蜃は、それを止めた。
「早まるな。たまたま敷いたままになっておっただけだ。俺は、お蝶さんを助けたいのだ」
「何故ですか? 私は貴方を騙したのですよ」
「俺は、お前を好いているから……誰にも抱かせたくないのだ」
 お蝶の顔が真っ赤に染め上がった。
「間違えた。お蝶さんを守りたいのだよ」
「もう、本音を聞いてしまいましたよ」
 暗かったお蝶の顔に、ようやく笑みが戻った。
「必ず戻ろう。元の生活に」
「はい」
 
 

*****

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品