幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-27

   

「生と死の理を持って、大地を味方にする。その理を操る術を持って、生きとし生けるものを自然の流れに委ね、自らも逆らわず、その流れの渦に身を任せる。その理さえ理解すれば、自在に雨を降らせ、風を吹かせ、大地を眠らせる事も容易いのです。それをこれからお2人は学んでいくのです」

 戦国時代風伝奇ストーリー!

 

「蜃よ。ああ、可愛い蜃よ。どうしたと言うのじゃ、晴明」
「少し鍛えてやろうと思って連れ出したんですが、突然このざまですよ。先程医者に連れていったところ、流行病ではないかと」
「まあ、それは誠に恐ろしい」
「はい。ですから、お蝶に面倒をみさせます。医者は3、4日もすれば熱も下がると申しておりましたし、心配ないでしょう」
「誠に、信頼出来る医者なのであろうか。もし治らなければ、式神の餌にでもしてくれるわ」
「ご心配なく」
 晴明は、蜃を部屋に寝かすと、お蝶に付きっきりの看病を頼んだ。お蝶は、食事も着替えも厠の世話まで全てを献身的に手伝った。まるで
「まるで、幼い弟でも出来たみたい」
 とお蝶が言うと、熱でうなされながら蜃は言う。
「弟? 俺は貴女と夫婦になりたい」
「今度は、意識が正常な時に仰ってくださいな」
 と、お蝶は返した。しかし、この頃にはお蝶も蜃に対して満更でもなくなっていた。
 夫婦。この人が望むなら、この地でそれもいいかもしれないと。
 松兵衛は、葛葉の住む祠の近くに自ら小屋を立てた。旬介と新月も手伝い、なんとか松兵衛1人が住むのにはギリギリの大きさが1日がかりで出来た。けれど、簡易的で強い風が吹けばこわれてしまいそう。
「松兵衛、苦労かけますね。しかし、この小屋では頼りないではないだろうか。もう1つ、里には子を匿う似たような祠があったと思うが」
「あの場所は、ここより少々離れすぎております。それに、以前富子と泰親が隠れておったようですし」
「何故それを?」
「ここに来る前に、調査も兼ねて何ヶ所か見て回ったのです。あの祠には、以前生活していたような名残と……富子様の帯が落ちておりました故」
「左様か。あやつ等も……」
「この小屋もとりあえず簡易なものです。これから、少しずつ強くしていきますし、ご心配いりませんぞ。もし、爺を気遣うのであれば、1日でも早くお家を取り戻してくだされ」
「はい」
 そう言われてしまっては、葛葉も返す言葉がない。
「さあ、旬介殿、新月殿。これから、爺がしっかり鍛えて差し上げますからね」
 名前を呼ばれた新月は、顔を傾げた。
「私も? 私も、武術を教えてもらえるのですか?」
「そうじゃ。この里では、里を守るため、己を守るため、また鍛えるために男も女も関係なく武術や学問を学ぶのです。旬介殿も、気張って励まねば女子にも負けてしまいますぞ」
「父上が、俺は父上より強くなるって言ってたよ!」
「そうか、それなれば、一層気張らねばなりませんぞ! 何故なら、晴明殿は本当に心底お強い方であるからな」
「頑張るね」
 松兵衛は、旬介と新月の頭を順に撫でた。
「ところで、葛葉様は旬介殿に術は、教えておるのですかな?」
「まだ、こやつ等は小さい。そろそろとは思っておるが」
「ならば、儂からも鍛えていこう」
 松兵衛は、葛葉が思っている以上にやる気満々である。なんとなく察しながらも、新月はともかく、少々甘やかしすぎて育ててしまった旬介にとって、大丈夫だろうかと心配になった。そんな葛葉の思いを察したのか、松兵衛は笑いながら心配ないと告げた。
「善は急げ、ですぞ」
 訳も分からず、旬介は楽しそうに返事をする。晴明の稽古は甘い。それだけに、楽しかったから。
「新月、頼むぞ」
 不安げな葛葉の言葉に、新月は頷いた。
「生と死の理を持って、大地を味方にする。その理を操る術を持って、生きとし生けるものを自然の流れに委ね、自らも逆らわず、その流れの渦に身を任せる。その理さえ理解すれば、自在に雨を降らせ、風を吹かせ、大地を眠らせる事も容易いのです。それをこれからお2人は学んでいくのです」
 幼い2人には、ちんぷんかんぷんである。ただ、新月には死というものだけは理解出来た。何故なら、沢山の人が目の前で死んでいったから。死ぬというのは、酷く恐ろしく、そして悲しいことだと。
「もし、その理が理解出来たなら、私は死を見なくても済むのでしょうか?」
「人はいつか死に逝くもの。遅かれ早かれ…。しかし、子を残す事でその命は繋がれて行くのです。新月殿の母上や父上が亡くなっても、それは新月殿として生きている。死してなお、死してはおらぬのです」
 理解できるのは、まだ先だろう。松兵衛は、その先その先をと、少々勇み足で進めて行った。

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク