幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-28

   

 ついに、里を取り戻すために動き出す。

 戦国時代風伝奇ストーリー!

 

「ほう、麒麟と白虎と青龍の力を同時に使うか。まだ枷を外しただけで、何も教えてはおらぬと言うに」
「幼き頃から、松兵衛に教わっておりましたよ。剣に乗せる力が、別に使えるようになったというだけ。容易いことです」
 蜃の生まれ持った能力が、晴明とシンクロしている。だからこそ、松兵衛も見抜いていたのかと葛葉は察した。その時から、全ては松兵衛の計画にあったのだと。恐ろしい爺やだ。
「これが、鬼神と龍神の力か……」
 蜃の能力を、才覚を、実に恐ろしいと思う。
「ところで、お蝶さんには世話になった。また改めてお礼をしたいのだけれど……」
 蜃がモジモジしながら言うので、お蝶はそれが可笑しかった。
「若様、お気になさらず」
「その言い方はやめてくれ。なんだか、他人行儀でいかん」
 晴明も葛葉も、松兵衛から聞いた他、薄々感じてはいたが、やはりそういう事かと納得した。
 そして、もし里がこうならず、元の姿であったならば2人は生まれながらに夫婦の約束を交わしていたのかもしれない。そう思うと、2人は運命の赤い糸で結ばれ、運命の赤い糸とやらが全てを繋いだのではないか。とすら、考えた。
「お蝶も蜃も、事が済んだらゆっくり旅行にでも出掛けたらどうだ。もし家が戻るのであれば、2人は夫婦になってここをおさめることになるのだしな」
 晴明が当然の事のように言うと、蜃の顔もお蝶の顔も真っ赤に染め上がった。
「母上の家系と恵慈家の者が夫婦になるのは古代よりの慣わし。母上の家系も今や私とお蝶しかおらん。となれば、必然的にお蝶が蜃の正室になるしかあるまい。武家に育てば当然の事であろうが、お蝶には難しいかな」
 お蝶は、真っ赤な顔をぷいっと逸らした。
「私は、蜃様を騙して危険に晒しました女。いくら血筋の為とはいえ、よろしいのでしょうか?」
「そうだな。それで償って貰おうか」
 晴明が笑いながら、お蝶の頭を撫でた。
 お蝶は蜃の求愛を散々交わしてきた挙句、この場で今更好いてしまったとは言いづらかった。それに、もしかしたらそれは恋などというものではなく、単なる知った顔が近くにある故の安心なのではないかとすら疑ってもいた。お蝶の気持ちは、本人こそまだ気付ききっていなかった。
 辛いのは蜃だった。肌を重ね合わせたのも、結果騙されたのも全部、お蝶を心底好いてしまっていたからこそ。始めは一目惚れだったかもしれないが、今はちゃんと好きだと言える。蜃の方が、気持ちはストレートだった。
 けれど振り向いてもくれず、交わされ、夫婦約束が償いと言われては本人も面白くはない。
「俺、様子見てきます」
 不機嫌そうに歩き出すと、旬介が連れていかれた方へと1人歩いて行ってしまった。
「蜃は、機嫌が悪いな」
 葛葉は、ぽかんとそれを見ていた。
「私のせいかもしれませんね」
 お蝶が、しゅんとした。
「いい。気にするな。あいつは、まだ子供だ。俺が後でなんとかするよ」

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品