幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

伝奇時代

生克五霊獣-改-29

   

「ええ。陰陽師であった時は、沢山の式神を扱っておりました。しかし、あまりに沢山持ちすぎてしまいましてね。地獄に連れて行かれてしまったのです。地獄から這い出でるために、自らを式神とし、そして僧となったのです」

 戦国風伝奇ストーリー!

 

 少し時を戻し、蜃の様子である。
 霧も晴れぬ早朝、蜃は早起きした素振りで富子の部屋を訪ねた。
「おはようございます、お祖母様。おやすみのところ、申し訳ございません。どうしてもご相談したいことがありまして」
 まだ眠っていた富子ではあったが、可愛い蜃の為とあっては、無理にでも覚めた。
「なんじゃ? どうした? 眠れなかったのか?」
「いいえ、どうしても泰親殿とお祖母様にお話したく。離れの方がいいかとも思いますので、あちらによろしいでしょうか?」
「何故、ここではならんのだ?」
「あちらの方が奥まっていて、内緒話をするには好都合な気がして。安心というか、落ち着くというか……聞いて頂けませんか?」
 富子は、クスリと笑った。
「晴明は?」
「出来れば、父上に聞かれたくなく」
 そういうことかと、富子は腰を上げた。
「わかった。泰親とあちらで、少々待っておれ」
「はい」
 蜃は、離れへと向かった。泰親は、とっくに起きていた。
「おはようございます、蜃さん」
「おはようございます。泰親殿は、お早いのでございますね」
 泰親は、くすくす笑った。
「ええ。遠い昔の話です。私は、陰陽師等と呼ばれていたことがありましてね。その時の名残です」
「陰陽師ですか? 今は違うのですか?」
「ええ。陰陽師であった時は、沢山の式神を扱っておりました。しかし、あまりに沢山持ちすぎてしまいましてね。地獄に連れて行かれてしまったのです。地獄から這い出でるために、自らを式神とし、そして僧となったのです」
「はあ、それではとうに人ではならざるものではないのでしょうか?」
 泰親は、笑った。
「冗談ですよ」
 蜃が苦い顔を返した時、富子が現れた。
「待たせたな。なんじゃ、相談とは」
「母上の事でございます」
「葛葉の? なんじゃ、あやつがどうしたと?」
「島流しにされたと聞きましたが、だれが何処に連れていったのでしょう?」
「何故、そんな事を聞くのじゃ?」
「父上に会ったんです。母上にも会ってみたいと。子として当然の感情でしょう」
 富子は、奥歯を噛み締めると、苦々しく話し始めた。
「わしは、晴明に恵慈家を継がせたかったし、そう決まっておった。けれども、あやつがそれをかすめ取るかの様に目立つ行動を始めたのだ。だから、葛葉を排除しようと思ったが、あの娘にとうとう晴明まで取られてしまった。わしは、全て晴明の為に、晴明の為しか考えておらぬ。だからこそ、あの娘は邪魔でしかなかったのじゃ。お主が産まれ、わしはお主を愛そうとした。だが、葛葉はお主までわしから取り上げた。ああ、蜃よ。哀れな祖母から離れないでおくれ」
 富子は、おいおい泣き出した。それを補足するかのよう、泰親が続けた。
「葛葉さんの生命を助ける代わりに、晴明殿が葛葉さんを追放したのですよ。葛葉さんが生きるためにね。そして、二度とこの地を踏まぬよう、晴明さんが約束としてこの家を継いだのです。晴明さんは警戒しているのでしょう。未だ葛葉さんの居場所は話しません。ですが、次に姿を現せば確実に式神の餌となることでしょう。だから、姿を現すことは無い。尤も、長い年月を経て、何処かで朽ちている可能性もなくはありません」
 蜃の背筋に、ゾクゾクとした悪寒が走った。
「蜃」
 と、晴明が3人の元に姿を現した。生克五霊獣の法の準備が出来た合図だった。
「母上に泰親殿。あなた方に会わせたい人がおります」
 晴明がそう言いながら、障子を開けた瞬間、雷光が庭を多い尽くしていた。
「なんじゃこれは!?」
 富子と泰親の顔が真っ青に代わり、見ればその中心に葛葉が立っていた。脇には、白い喪服姿の松兵衛が立っている。
「富子殿、泰親殿。主らの負けじゃ!」

 

-伝奇時代
-, , , ,

シリーズリンク

レビュー

この作品はいかがでしたか?
あなたの感想を送って、作家を応援しよう!

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ作品